ハーメルン
侍女のアリィは死にたくない
第11話 特殊警察に入って死にたくない

アリィにとって、何よりも大事なことは自分の命を守ることである。

両親の拷問趣味を知り、被害者が目の前で拷問に悲鳴をあげ、苦しみながら死んでいくのを何度も何度も彼女は見ていくことになった。
そして彼女は妄執ともいえる意思を確立させていったのである。


「私は死にたくない」と。



自らも親の目がある以上拷問に参加し、そして多くの人間を殺してきた。
しかし彼女の心の中にあったのは歓喜よりも安堵であった。「自分はそちら側ではない」「自分は死ぬ側ではない、殺される側ではない」。
そんな彼女は、すでに他人が死ぬことについてはどうでもいいと感じている。
だって自分が死ぬわけではないのだから。

自分を死の危険から守ってくれる人間が死ぬことは恐怖する。
しかしそれは人の死を恐れることではなく、あくまで「自分の死」への恐怖。
徹底した自己愛こそ、彼女の人生の中で作り上げられた至上命題。


しかしそんな彼女の日々にも亀裂が入る。
ナイトレイド、首斬りザンク、三獣士ニャウ。
どうにかこれらの危機は帝具、死相伝染イルサネリアの力で撃退することができ、彼女は今も生きている。
だがその心は、癒えない。死ぬかもしれない場面に何度も遭遇してしまったのだ。
むしろ、死への恐怖はより増大していく。

逃げているだけでは駄目だった。死は向こうから勝手に襲ってきた。
ゆえに彼女は、危険排除のために自ら動くことを決めた。






「帝具使いを集めた部隊、ですか」
「えぇ……相変わらず彼女は要求もドSです」

オネストから伝えられた連絡事項。
それは、エスデスが新たに帝具使いだけで構成された特殊警察を組織するという話であった。
その時点でいやな予感がしたアリィはすぐさまオネストに直談判する。

「私は招集されませんよね? 参加したくありません。ましてやエスデス将軍の下につくのは死にそうなのでいやです。わかってくださいますかオネスト大臣」

ただでさえ彼女の家来に殺されかけたばかりである。
もっとも、ニャウは先日竜船で他の三獣士と共に殺害されたという。相手はまずナイトレイドだろうと考えられている。
アリィとしてはニャウが死んだのは歓迎すべきことであったが、部下を失ったことにより「あいつらが弱かっただけだ」と口では割り切ったことを言うエスデスは実際のところ機嫌がかなり悪かった。
彼女に見つからないよう、アリィがフルに危機感知能力――これはイルサネリアの素材となった危険種に由来する――を使ったことは記憶に新しい。

「えぇ、えぇ、わかっています。彼女はあなたも戦力にしたがっていましたがそれであなたが我々に不信感を持っては私の心臓が止まってしまいます。別に帝具使いを集めましたとも」

オネストは少し冗談めかして言ったが、決して冗談で済む話ではない。
ここでオネストが無理に部隊に入れようものなら、エスデスともども脅威とみなして排除していた可能性もあった。
実のところ、アリィの精神はすでに、侍女という立場が脅かされるとしても大臣や将軍といった帝国の重鎮を殺すことをためらわないまでに追い詰められている。
可能ならば逃げるというのではなく、排除に動く。目に見えずとも、アリィの歪みはさらに大きくなっていた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析