ハーメルン
侍女のアリィは死にたくない
第12話 恋心なんて持って死にたくない

特殊警察・イェーガーズ。
エスデス将軍の発案によって構成された、メンバー全員が帝具持ちの部隊。
対ナイトレイドを想定した、個人個人が一騎当千の戦力を持つ実力者集団。
その彼らは、今――

「や、やっと終わった……」
「おつかれさまです。次はこちらの警備企画書をお願いします」
「ノオオオオォォォ!」

事務処理に追われていた。

事の始まりはエスデスが「都民武芸大会」を企画したことである。
目的は新たな帝具使いとなりうる人材の発掘。さらにエスデス個人としてはあわよくば恋人候補を見つけよう、との思惑もあったようだが、そちらはアリィをはじめエスデスの好みの男性の条件事項を知ったイェーガーズ全員が「まぁ、無理だろうな」と思っていた。

さて。ここで知っていただきたいのだが、イベントの開催というのは「やろう!」「はいどうぞ」ですむものではない。
ましてや皇帝も見物することになった今回の武芸大会。

施設の確保から始まりルール設定、賞金の準備、警備計画、進行の打ち合わせ、都民への宣伝などなど。
輝かしいイベントには、裏に事務仕事の山が高く積もっているのが現実なのである。
今回もその例にもれず、イェーガーズの面々を待っていたのは書類の山だった。

ちなみにエスデスは「危険種を狩ってくる」と称して全て部下に丸投げした。

「自分で用意もできないならやらないでほしいんですけどね、本当に」
「アリィさん、エスデス将軍に当たり強いよな」
「まぁ、私はあの方嫌いですので」

部下に襲われかけ、殺気を飛ばされた挙句無理やり模擬戦を命じられ。特殊警察にも強引に関与させられた。
アリィにとって彼女の評価が上がる要因がまったくないのである。

「でも本当、アリィさんがいてくれて私たちは助かったよ」
「私も少し書類仕事に覚えはありましたが、アリィさんは本当に手際がよくてうらやましい限りです」

ボルス、ランからの賛辞にアリィはそんなことはないですよ、と謙遜する。
しかし確かに、この中で一番書類を処理し、さらに手が追いつかないウェイブやクロメの手助けをしたのはまぎれもなくアリィの手腕によるものだった。

「私は侍女の仕事は別に父から継いだ仕事も受け持っていますので書類仕事をすることが多いんです。慣れているだけですよ」
「まじかよ……ホント手伝ってくれてありがとうございます、忙しいのに」

彼らの苦労の末、都民武芸大会は無事開催された。
その情報は、帝都中に流れ……帝都に潜伏するナイトレイドの面々も知ることとなる。





試合が開催される前、アリィが担当したのは受付である。
侍女という仕事上人付き合いに長け、かつ見た目もいい美少女であるアリィは受付として実に適任であった。他のメンバーはというと、クロメをはじめコミュニケーション力が足りないものや受付として人前に出すには問題があるメンバーがちらほらいる。たとえばボルスとかスタイリッシュとか。ウェイブは司会のため忙しかったしランは試合開始前から観戦に集まった重鎮への接待。セリューは警備を担当することになったのでアリィが引き受けるしかなかったという側面もある。

もっとも、警備の担当なんかよりは受付がよっぽどましだとアリィが考えていたこともあるのだが。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析