ハーメルン
侍女のアリィは死にたくない
第13話 秘密を暴露して死にたくない

今日もアリィはイェーガーズの会議室へ足を運ぶ。
途中、思わぬ人物とであったので一緒にいくことになった。
Dr.スタイリッシュ。イェーガーズの中では唯一直接戦闘するタイプではないが、その技術力、開発力は帝国随一である。
彼の帝具も非常に器用になるという技術者向けの帝具、神ノ御手パーフェクター。

「何か考え事ですか? ドクター」
「そうねぇ。せっかくだし聞こうかしら」

スタイリッシュは右手をほほに当て、指でトントンと頬をたたきながら歩いていた。
おまけに視線は上の空。たいていの人間なら何かしら考え事があるのだろうと予想がつく。
ましてや、人一倍他人の心の機微に鋭いアリィならなおのこと。

「アリィちゃん、タツミのことどう思うかしら?」
「と、いいますと?」
「あの子、少しおかしくないかしら?」

鍛冶屋とは思えない身のこなし、戦闘能力。そして(彼が気絶から目覚めてから)顔合わせをして話をした際、やたら帝具について興味を持っていた。
おまけに本人は自分たちイェーガーズに対していい感情を持っていないようでもある。

このことから、スタイリッシュはタツミの素性に対して不審感を持っていたのだ。

「なるほど。確かに不自然な点があるなとは思っていました」
「でしょぉ? どうしようかしら、隊長に伝える?」
「いえ、彼に恋慕しているエスデス将軍に彼への疑念をいったところでしっかりと聞いてもらえないでしょう。それより、確かドクターは強化私兵軍団をもっていましたよね」

あら、と彼の口から呟きが漏れる。
その存在はあまり公にはしていない。しかし彼が改造する人間は捕らえた罪人を融通してもらったものがほとんどである。
そのやり取りについての情報を目の前の少女はつかんでいたのだろう。やはり見かけによらずすごい子ね、とスタイリッシュはアリィの評価を上げた。

「そのとおりよ? でもそれがどうしたのかしら」
「いつでも動かせるように準備しておくといいかと。タツミは現在エスデス将軍の監視下にあるといってもいい。その状態で逃げ出すことができればいよいよ只者ではないということです。そしてさらに、そんな人物がどこに逃げるのか? ……あなたの私兵に追いかけさせることはできるのでは?」

いわれてみれば確かに、スタイリッシュの強化兵の中には目・耳・鼻を特に強化させたものたちがいる。

「そうね、そうしてみるわ。ところでアリィちゃん。改めてお願いするけどあなたの帝具の研究させてくれないかしら? 効果も強力だし、いろんなことに応用できると思うのよねぇ」
「その件についてはお断りします。何度言われても同じですよ」
「ほんっと残念。どうやったら研究させてくれるのかしらね?」

スタイリッシュは笑う。
アリィも笑う。





会議室に入ると、真っ先に目に入ったのは椅子に縛られたタツミの姿。
誰の仕業かは言うまでもない。部屋にいたほかのみんなも目を背けているし。

「助けて、ください……」
「申し訳ありません、あきらめて下さい」

タツミの懇願もアリィはお辞儀とともに一蹴する。
無理に助けようとしても余計にエスデスがにらんでくるだけだ。心臓に悪いのでごめんこうむりたい。

全員が集まったところで任務が説明される。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析