ハーメルン
侍女のアリィは死にたくない
第16話 死にたくなって死にたくない

アリィがタツミに秘密をどう守らせようとしたか。
そこにはイルサネリアの能力を利用した仕掛けがある。

イルサネリアの能力は大きくわけて3段階。
1段階目は瘴気を放って細菌を感染させる「瘴気伝染」。
2段階目は感染した細菌が感染者の悪意を判定する「観察潜伏」。

そしてこの2段階目においてアリィへの悪意が認められた場合……3段階目の「死相発症」が発動する。

悪意といってもいろいろある。
殺意や害意はもちろんのこと、アリィ本人に危害を加えるつもりがなくとも、結果としてそうなる行動をとろうとした場合、それもアリィにとっては「悪意」と判定される。

これらはすべて、思想に伴ういわば「感情」であるわけだが……







この感情・悪意を、全て「自傷衝動」……さらに程度が大きくなれば「自殺衝動」に変化させる。
これが「死相発症」であり、数々のアリィの危機を退けてきたイルサネリアの能力の正体である。







死相発症によって変化した自傷衝動は、悪意の大きさによってその強さも変わる。
また、イルサネリアによる自傷衝動が導く行動には大きく二つの特徴がある。
まず、アリィに危害を加える行動を停止させようとする点、そしてそれまでにとろうとしていた行動に大きく影響を受けるという点である。

たとえばザンクは殺さなければこっちが危ない、という追い詰められたが故の強い殺意を持ってアリィの首を切ろうとした。
その結果、自分の首を落とすという衝動に体を乗っ取られアリィではなく自らの首を切り落とした。

一方レオーネはというと、殺意こそあったものの彼女が伸ばした腕はつかんですぐに首を絞めて殺すため、とか折るためではなく、ただ単に首をつかむためだけだった。
アリィの父、ゴーザンのように。
だからその手が自分の首に伸びるということはなかったが、殺意を伴っていたため、また彼女の左腕を止めるために右腕が左腕をねじ切る、という結果が出たのである。もしレオーネがすぐ彼女の首を折ろうと考えていたらあの場で彼女は死んでいた。「獅子は死なず」という超再生能力の奥の手を持っていたことを含め、彼女がアリィに殺意を持ったにもかかわらず生き延びたのはただただ運がよかったからなのである。

この衝動はいわば本能的、反射的なものに近い。
意思が操られるわけではないため、体が勝手に動くような感覚を味わうことになる。
意識的なものではないがゆえに自分の意思で止めようとすることもまず不可能。
まして普段から欲に従って生きる者や本能が強化された者はなおのこと。

さて、ここでタツミについての話に戻るが……。
実のところ、「秘密を漏らす」という悪意だけでは今回のようにナイフで自害する、というほど強い衝動にはなりえない。



この説明をするには、「内心の悪意」について、能力がどう効果をもたらすかという点について話さなくてはならない。
直接的な行動をとった場合にはアリィが実際に体験したようにたいてい自傷衝動によりすぐ相手の行動に出る。
だが、例えば、心の中で「彼女を殺そう」と思い続けたらどうなるか。
これについては、イルサネリアについての記録を元にアリィも罪人を使った「実験」を行い、最近になって詳細が把握できてきたことである。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析