ハーメルン
侍女のアリィは死にたくない
第17話 新型危険種に襲われて死にたくない

皇帝の間。
皇帝が座るその前に、将軍・エスデスが跪いていた。
賊を狩ることに対し皇帝は彼女を称え、エスデスはさらにナイトレイドも発見次第狩ってみせると言う。
その後、話はエスデスの恋に移った。

「条件に合うような男は見つからんのだ、すまない。しかしこれからも探して――」
「陛下。その件については、ご報告した通り自分で見つけ出しました。問題ありません」
「しかし、その男は消えてしまったのだろう?」

彼女たちが話すのを、壁のほうで侍女として控える唯一の皇帝付き侍女……すなわち、アリィは静かに聞いていた。
エスデスの恋の相手、タツミが逃げ出すよう仕組んだのは他ならぬアリィだ。
彼女がタツミを煽ったのは彼の悪意を増幅させるためではあるが、「なんとしても情報をナイトレイドに伝えなくては」と彼の決心を強めるためでもある。

「いつか手に入れようと燃える……これもまた恋かと」

エスデスの将軍の言葉に、皇帝はちらりと視線を変えた。
しかし視線の先にいる相手に気付かれる前にエスデスのもとに向き直ると、

「……深いな!」
「いえ別に深くはないかと」

感嘆したように叫ぶ。大臣は何を言っているのかとあきれ顔をしていたが。
アリィはというと……表情を変えることはなかった。





「陛下も将軍に影響されてか、恋に興味がでてきたようですな。もう少し育てば酒と女と美食漬けで堕落コースですな……ヌフフ」

部屋を変え、大臣とエスデスがお茶をする。そばにはアリィが控え、二人に給仕を行っている。
彼女が入れた紅茶にオネストはたっぷりとシロップを入れ、ゆっくりとかき混ぜる。

「陛下には甘い、甘ァァい思いをさせてあげますよ」

皇帝を意のままに操ろうと堂々と発言する大臣に対し、アリィが何かを思うことはない。
だって、彼女には関係ないから。それで自分が死ぬわけではないのだから。
それがわかっているからこそ、オネストも安心して本音を漏らしながら彼女に給仕を任せることができる。彼にとってアリィは実に得難い人材といえた。

そして話は別のことに移る。
アリィの暗躍により、彼女の脅威は確かに減った。
しかしすべてが消えたわけでもなく、また新たに湧き出るもの。
今回もまた、新たな悪意により帝都に問題が起こっていた。

「新型危険種だと?」
「えぇ。最近急に発生したそうです。できれば数体は生きたまま捕まえてきてくれませんか? 後は殺してかまいませんので」

オネストがエスデスに新型危険種の捕獲・討伐を依頼しているのを、アリィは部屋の隅で聞いていた。
新型危険種のことならアリィにも情報が届いている。
最初に確認されたのはとある鉱山付近で、働いていた鉱夫が食われ、殺されたという。
最近では人里にも下りてきており、村の人間を食うという被害も確認されている。

「よかろう。アリィ、お前も手伝……うはずがないか」
「ご理解いただいたようで何よりです」

丁寧にお辞儀するアリィに、やはりつまらんやつだとエスデスは舌打ちする。
しかしアリィの気持ちを動かすのは無理だというのはさすがにもうわかっている。なので別の仕事を与えた。

「ならイェーガーズのメンバーを召集しろ。臆病なお前のかわりに働いてもらう。だからおまえもそれくらいはしろ」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析