ハーメルン
侍女のアリィは死にたくない
第18話 衝突の日が迫って死にたくない

イェーガーズ会議室。
現在はウェイブとクロメの二人が椅子に座っている。

「ウェイブくん、クロメちゃん。お茶が入ったよ」
「一緒に食べられるようお菓子も用意してあります。よければどうぞ」

そこへおぼんにお茶をのせたボルス、そしてお菓子の入った皿を持ったアリィがくる。
侍女であるアリィはもちろんのこと、家庭的な面があるボルスはこうしてアリィを手伝い飲食物を用意することがしばしばあった。

「あっ、ありがとうございます! いつもすみません」
「わーい、お菓子だ!」
「いいのいいの、私は好きでやってるんだから」

ボルスも椅子に座り、三人でお茶を楽しむ。
アリィも一緒にどうかと誘われたのだが、アリィはあくまで自分は侍女だと言い、誘いを断ってなくなったお茶を注ぎなおしたりと給仕に務めている。

「しかし、あの人たち、せっかく助けてもらったのに見た目だけでボルスさんのこと判断して……」
「ウェイブがそれ言えるの?」
「最初にやってきたときは冷や汗だらけの顔をしていましたね。私が間に入らないと自己紹介どころか会話もできなかったのでは?」
「うぐっ! そうだったっ……。でもボルスさん、こんなに優しいのに」

その言葉に、ボルスの動きが止まる。
わずかに息を吐くと、暗い雰囲気をただよわせたまま口を開く。

「ウェイブくん。前にも言ったけど、私は優しくなんかないよ……」

ボルスはイェーガーズに入る前は、焼却部隊に所属していた。
その頃は命令さえあればなんだって燃やした。人を襲う危険種も、疫病に犯された村も、罪人として磔にされた人々も。
しかし彼はその手を汚し続けた。それがお仕事だからと。
誰かがやらなくてはならないことだから、と。

「だからきっと、私はきっと多くの人から恨みを買っていると思う……」
「ボルスさん! よ、よければつらいことがあるなら俺が話を……」
「ボルスさん」
「わかっているよアリィちゃん。いつ報いを受けてもおかしくない、殺されても仕方ないって思ってた。でも」

ばたん!
そこへ急に扉が開く。
扉の前にいたのは長い髪をなびかせた美しい女性と、にこにこと笑うかわいらしい女の子。

「パパー!」
「あーなたっ!」
「ややっ!? どうしてここに!?」

そう、その二人はボルスの妻・エリシアと娘のローグ。
突然の家族の来訪に驚いた声をあげて近寄るボルス。その姿を見ながら、後ろではウェイブとクロメがやはり驚きで固まっていた。
確かにエスデスが参考にと恋愛経験者がいないか確認した際妻帯者であると言っていたが……まさかこんなに美人だったとは!!

「あなたったらお弁当忘れていたでしょ?」
「パパのうっかり者ー」
「はっはっは! これはしまった!」

娘を抱き上げたボルスは、自分たちを見つめる面々のほうに向き直ると笑って(といっても覆面で表情まではわからないのだが)言った。

「ありがとうウェイブくん。でも、妻も娘も、私がどんな仕事をしているか知っていて、その上で応援してくれているの。だから私は辛いことがあっても、家族がいれば全然平気!」
「うおお……眩しい……!」

そこにあったのは、紛れもなく理想的な家族の形のひとつ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析