ハーメルン
侍女のアリィは死にたくない
第20話 罠にはめられても死にたくない

岩だらけの道を、馬に乗って駆ける姿が3つ。

「隊長のほうは大丈夫かな……」
「けど、アリィさんが言うにはあっちはフェイクなんだろ? まぁ絶対なんてわかるわけないけどさ」
「とりあえず行きましょう! あとの二人もそのうち合流するはずです!」





エスデスが怒り任せに街路樹を殴り倒したその後。
どうしても戦力を二つに分けるのは決定だと言い張ってエスデスはアリィの言葉を認めようとはしなかった。
しかし、ここでアリィへと援護が入る。

「隊長……私、南のほうへ向かいたいです!」

手を上げたのはセリューだった。
本来はエスデスと共に東へナジェンダを追うメンバーの一人だったが、アリィの話を聞いて姑息な悪は待ち伏せや罠を仕掛けてもおかしくない! と考えたらしい。
結果、アリィの考えたナイトレイドの罠は考慮する価値があるというのが彼女の意見だった。

「私は正義を執行するために、より悪が出没する可能性の高い南へ向かいたいんです! 許可してください、隊長!」

エスデスとしてはこれを認めるとアリィの意見を間接的に認めることにもなるため受け入れたくない。
しかし、このままでは話が進まないと考えたのだろう。
アリィは二人の間に入ると折衷案を提案した。

「わかりました、エスデス将軍がどうしても、というのなら戦力を二つに分ける方向でかまいません。ただし、セリューさんを南へ向かうメンバーにいれてください。そちらは二人となりますがあなたがいますし少数が相手なら十分戦えるでしょう。万が一そちらに戦力が集中していても、ランさんは飛んで退却することができます。ましてあなたなら一人でも戦うか退却するかできるのでは?」

この意見にはエスデスも頷くことになった。
確かにエスデス個人の戦力は相当なものであるし、帝具使いといえど複数を相手取ることができるという自負もある。
また、退却することになった場合のことも考えてあるこの案は確かに現実的といえた。

「……よかろう。他に異論がなければそれでいく」

異議がでることはなく、結果アリィの折衷案が採用された。
ただその後、さらにアリィはこれからの行動について話を続けた。

「では南に向かうメンバーですが、ウェイブさん、ボルスさん、セリューさんはそのまま馬で向かってください。クロメさんは私と共についてきていただきたいのです。あとエスデス将軍、私が着いてくるにあたって頼んでおいたもの、しっかり連れてきてくれていますか?」
「臆病ものめ。まあお前を戦場に連れてこられるなら安いものだと思ったしな、ちゃんと用意してある。このあとそいつのところへ案内しておく。ただ、お前のように弱いやつの言うことは聞かんから動かすのはクロメに頼むんだな」

かくして用意は整い、二手……いや、三手に分かれて行動を再開したのである。

(……ウェイブからセリューの様子がおかしいと聞いていたから、できれば近くにおいておきたかったんだがな。まぁ、杞憂ならばいいんだが)

エスデスの心に、僅かばかりの不安を残して。





「でも、なんでアリィさんとクロメは俺たちと一緒に来ないんだ?」
「アリィさんは私たちより賢いからね……きっと何か考えがあると思うよウェイブくん」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析