ハーメルン
メダロット2 ~カブトVersion~
15.メダロッ島(五日目)

 決勝戦。多くの日本人はコウジの優勝を期待したが、勝ったのは有名なレッドマタドール使い、スペイン出身の闘牛士シャモジールだった。シャモジールはコンビロボトル世界総合ランク十二位、世界タイマン真剣ロボトル三十一位の実力者。シャモジール相手にコウジはイッキ戦と同じく二対二で挑み、敗退した。
 シャモジールは優勝賞品を断り、賞金とトロフィーだけを頂いた。コウジは賞品ばかりか賞金も断り、小さな銀のカップだけを受け取った。
 準決勝まで進められた選手には賞状、あるいは賞品か賞金のどちらかを得る権利がある。
 当初の目的は、最低でも賞品を得られる順位まで勝ち抜くこと。イッキは気を取り直し、ずらりと並べられたメダルを前にして、悩んだ。
 燦々(さんさん)と、金色(こんじき)にメダルは輝いていた。馴染みのあるカブト、フェニックスもあれば、クワガタ、クマ、へ・ビー、クモ、ナイト、?メダルという珍品まである。他に、発見されてまだまもなく、知名度も低いがそのうち市場を新たに席巻するであろうと予測されているサムライ、ザウルス、カルチャー、アクアなんてメダルまでケースに保管されていた。
 この輝きにすっかり魅了されてしまい。イッキは全て我が物にしたい衝動に駆られた。一旦、光り輝く物体から視線を逸らし、気持ちを静めた。
 手中の賞状を握り締め、メダルケース群に向き直り、イッキは品定めした。選ぶメダルは三種類。一つはそこそこ射撃できて、回復が得意なマーメイドメダル。一つは、そこそこ格闘系が得意なユニコーンメダル。もう一つは、特殊回復が得意なペンギンメダル。
 どれにしようかな。三つに焦点を定めたが、その分、三つのメダルは余計に輝いているように見えた。
 運営委員の女性が焦れったそうにしている。予定では、マーメイドメダルを購入するはずだった。イッキは腹を決めて、迷いをかなぐり捨ててマーメイドメダルが入ったメダルケースを鷲掴んだ。



 夕方まで遊園地の乗り物で遊び回り、ホテルに戻った。帰ったら一風呂浴びて、すぐに夕食。
 もう疲れたし、メイティンを組み立てるのは明日にした。ジョウゾウはイッキが寝静まる頃に、職場が用意した寝所へと帰っていった。
 日が顔を出し始めたとき、イッキは目覚めた。時計の針は六時十分辺りをさしていた。昨日、九時になる前には眠ってしまった。九時間以上も寝たことになる。ママが寝ている今のうちに、イッキはパーツを組み立てることにした。
 起こしては悪いと思い、部屋のベランダに出て作業をした。海沿いに建っているためか、朝は寒い。部屋に戻り、上着を着てから開始した。
 ロクショウのときもあり、パーツを一から組み立てティンペットに装着するのは慣れた。三十分ぐらいで、女性型ティンペットにメイティンのパーツ一式が装着完了した。
 メダルを背中に挿入するのはまだにした。マーメイドメダルは概ね、淑やかな性格が多いが、このマーメイドメダルも必ずしもそうとは限らない。口煩い奴かもしれない。眠るチドリに対する気遣いに、チドリへの紹介も兼ねてイッキはメダルを挿入するのは後にした。
 ベッドに戻り、もう一眠りした。八時近くにはチドリが目を覚ました。イッキはチドリが朝の用事を済ましたタイミングを狙い、メダルを着けた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析