ハーメルン
メダロット2 ~カブトVersion~
7.おどろ山探索記二(少年と少女)

 イッキたちが下山してから一時間経ったあとのこと。
 管理人の男性が山の様子を見に行こうとしたら、女の子が助けを求めて事務所に駆け寄ってくる。

「君、どうしたのかね!?君?」

 管理人は少女に声をかけた。少女は涙ぐんで管理人の傍まで寄り、いじらしげに顔を上げた。管理人の男性は目を見張った。ピンクの洋服シャツを着た少女は一言で表せば、美しい。程よく丸みを帯びた顔立ちに、ふんわりと柔らかいオレンジがかったツインテールの金髪、少女漫画のように澄んで潤んだエメラルド色の瞳。そして、全身から漂う儚げな雰囲気が、管理人に少女を守ってあげなければという気持ちを湧き起こさせた。管理人はガラス細工でも持つような手付きで、少女の肩に優しく手をかけた。

「もう大丈夫。ここは安全だ」
「本当ですか?」

 両手を握り締め、ゆっくりと潤んだ瞳で見上げる動作がまた可愛らしい。

「ああ、おじさんは嘘をつかない。ところで、君の名前は?そして、一体何があって助けを叫んだのかい?」
「ナースちゃんが……。ナースちゃんが……連れ去られちゃったんです」
「ナースちゃん?」

 管理人がオウム返しに聞くと、少女はメダロットですと答えた。

「君はそのとき、謎の声とか変な物を目撃したかい?」
「いえ、変な物は見当たりませんでしたが、変な声なら…。少し、落ち着きを取り戻したましたから、詳しくお話ができそうです」
「そうか。では一旦、中で座って落ち着いてからにしよう」

 管理人は事務所の中に少女を招き、椅子を差し出した。事務所内は小型の液晶テレビや小型冷蔵庫、他、里山のパンフレットに本など幾つか細々とした物が置かれていた。

「さ、あまり綺麗なところではないが。ひとまず、座りなさい」
「ありがとうございます」

 少女は丁寧に謝辞を述べて着席した。その座る動作からして、管理人に少女が深窓生まれの者と悟らせた。
 少女は順を追って、自己紹介とここに駆け付けた経緯を話した。

「私の性は純米、名はカリンと申します。御神籤町のお隣のメダロポリスに暮らしています。ここにきたのは、以前から一人で山に登るというのはどんなものか知りたくて、この近隣のおどろ山に来ました。山の中腹地点近くまで下山したとき、がさごそと、茂みから物音が聞こえました。ナースちゃんが茂みの裏に様子を見に行くと、ナースちゃんが悲鳴を上げたんです! 私、急いでナースちゃんの身を確認しようとしたら、突然、この世の物とは思えない声で『置いてけ……。森を汚す機械を置いてかなければ……お前の魂を喰らう……』と言われました。でも……ナースちゃんは私の友達です。私は勇気を出して茂みの裏を覗くと、そこにはナースちゃんの姿がありませんでした。そしたら、今度は同じ声で不気味な笑い声がしたもので。……私……」

 カリンという少女はまた涙ぐんだ。管理人はせかさず、少女が自ら話を再開するのを待った。少女は震える手でハンカチで涙を拭うと、小さく咳払いした。

「こほん。すみません。……私、怖くてナースちゃんを置いて逃げてしまったのです」

 カリン少女はそこで言葉を切った。色々と詳しく聞きたいが、一つ言えることは、幽霊騒動における新たな被害者が出た。



 今日もまた、イッキ、アリカ、メタビー、ブラスの四人はおどろ山に向かった。拾ったメダロットは昨日、帰りにメダロット研究所に立ち寄り、事情を話すと、メダロット博士はあのメダロットの修復を快諾してくれた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析