ハーメルン
道造の活動報告
貞操逆転世界観童貞辺境領主騎士 第三章リクエスト案募集
2021年01月24日(日) 12:44

何か私が連載してる「貞操逆転世界観童貞辺境領主騎士」の三章案でいいルートを思いついたり、いいアイデアを思いついたり、良い妄想を思いついたらここに書き込んで欲しいんやで。
別に答えるとは限らんのやで。読者側は採用しなくても泣かない
作者側も、何の書き込みが無くても泣かない。
それがルールやで。
感想欄で「あれ、これハーメルンの規約に引っかかるんじゃないのか」と心配した人はここに書いておくれ。
のんびりやっていくんやで。

作者は王配ロベルト毒殺事件調査に加え、アンハルト王国内の内部粛清をテーマに三章を書いていくつもりやから、その路線でお願いしたいんやで。もちろん別な事でも構わんで。
第三章の裏主人公はリーゼンロッテ女王やで。
ではでは

9.前へ 1.次へ
◆記事一覧へ

2コメント
1 2 NEXT >>

2021年03月15日(月) 17:31
道造

皆さま、コメント誠にありがとうございました。
三章も明日の更新で終わりとなります。
本来毒殺事件となるところが、ファウスト君暴走編となり誠に申し訳ありません。
皆さまのコメントは第四章にて考慮させていただきます。
またリクエストに関しても、第5章、第6章にて採用を考えています。
これにてリクエストを終了させていただきます。
一人一人名前を挙げて御礼の言葉を言うべきでありますが、間違えたりしたら余計失礼なのでご容赦を。
皆様に心から感謝いたします。



2021年02月17日(水) 05:06
Ⅳ号H型

領民を労っていたら生存率も高くなって、若者も増えていたとかに繋がるかもしれません。
これまで領民300名で数十人の連続動員を続けるとか、ちょっと人口比で戦闘人員多すぎないかとも感じていましたので、耕作地に比して人口が多いので遠出の放牧や狩りに勤しんで半分山岳民族入っていたとするなら、高い戦闘力ぶりも理解出来ますし、国境の山脈近くの辺境なのだなと想像します。
その辺の山賊討伐の話も見てみたいものです。



2021年02月17日(水) 04:53
Ⅳ号H型

いつも執筆お疲れ様です。楽しく読ませてもらっています。
これまでファウストと領地や領民との繋がりの強さが強調されていますが、ポリドロでの生活や領民とどんな過去を経てきたかのエピソードも見たくあります。その方が上述への感情移入も増してくるかとも思います。

領民三百人の特産物もない田舎の村の話なんて見るところも語るべきところもないだろうとか、寧ろ女だらけの中世開拓村落のシリアスな普通の生活風俗描写とか、どんな家に住んでどんな料理を何回食べて男と女は何を着てどんな生活リズムでどんな仕事をして何があって何が足らないのか、そこが見たい。
ポリドロの領主の館は城なのか館なのか、木造なのか石造りなのか。個人的には館の一部が石造りで他は家屋も壁も木造、または石造りに変える途中と予想。
男女の服は大半はチュニックとタイツやズボンなのか、男性はスカートを履いているのか。髪型は女は短髪で男は長髪なのか、髪は編んでいるのか、髭は生やすのかそるのか。個人的には男子はタイツかスカートを履いて結婚前は髭無し、髪は長髪で上流階級では編んでいるのがデフォ。ファウストは長いみつ編みとか恥ずかしいのでポニテで妥協しているイメージ。

また現代人からすれば低い生活水準や厳しい労働強度と生存率に何とかしてあげようと手を出すのも民忠の高さの説得力やキャラ立ちに繋がるかと。
技術的に難しいチートでなくとも肉体的頑健さや親切心を活かしたり、現代人としての人権や衛生や栄養観念を取り入れるだけでも違うかと。
例えば、慢性的な食料・栄養不足とそれに起因した病気や衰弱した村人を見て、危険とされた森や山麓まで出向いて狩りに勤しんで肉をわけたり、病人の家に薬草を採って渡したりする(薬用の花を見分けられると言っていましたね)。ついでに狼や熊もガッツリ倒せば強さアピールになりますし、弓が上手い理由にもなります。
衛生の向上にはきれいな水と火(湯)がどれだけふんだんに使えるかにもよりますが、このために必要なのが薪。日課の鍛錬と称して両手斧を片手で使って大量の薪をハイペースでカッパカッパ割って、幾らかは村に建てさせた浴場に別けてやれば、強さと気前の良さにも繋がるかと。病人は薬湯に浸けてやればまた民忠もあがるでしょう。ついでに村人の社交場面にも使えます。意中の男子の入浴を覗き見するマセ餓鬼(♀)とか出せます。
石鹸は獣脂石鹸を作れば衛生向上に役立つかと。




2021年02月15日(月) 21:11
MOND

あらすじ見てビックリ
ファウスト余裕無さ過ぎてとてもじゃないけど毒殺調査なんてやれるメンタルじゃなさそう
そもそもこれ解決したところで事態が好転するわけでもない
ぶっちゃけこれ女王が執着してるだけだから、もう少し後でいいんじゃ?

内部粛正も必要ではあるが、ファウストは蚊帳の外というか関わらない方がいい
あくまでも辺境の田舎騎士だから、相手が売国奴でもない限り下手に動くと敵が増えるだけだからなぁ
モンゴルがこんな早く接触してると思えないし、いい塩梅のいい感じの毒殺犯を生やす・・・?(ふわっふわ

2021年02月15日(月) 01:16
sacred

※続き

と、意見を求められていたようなので色々書きましたが、あくまで現代日本の価値観を持った一読者の見解です。魔法がある作品世界ですし、こちらの世界の常識では計れないのかもしれません。
例えば、私の想定よりもゲッシュの意味が重いかもしれませんし、ファウストのモノローグで「神は通す」と表現されているので、もしかしてゲッシュが通ればそれと分かるような現象が発生するのでしょうか?
それであれば神に認められた事が明らかになるわけですし、更にそれに伴って何らかの強制力があるのであれば、ファウストを評価していない貴族や一般兵まで納得して従うか、納得しなくても強制的に従わせられるのかもしれません。

まあ、極論を言えば作品内の出来事は作者が「俺の世界ではこうなんだよ」と言えばそれまでなので、開き直ってしまっても良いと思います。
私は創作物は面白ければそれでいいと思っているので、作者がそうであると断言した上で、面白ければ納得します。

以上。参考になれば幸いです。

2021年02月15日(月) 01:15
sacred

お疲れ様です。
感想の内容でファウスト案の是非を判断をされるようなので書こうとしていましたが、こちらに書いた方が良さそうな内容になったので、こちらに失礼します。

正直に書かせて頂くと、「思ったよりも穏便な手段だけど、これが通るようであれば事前のファウスト冷遇の背景を盛りすぎてるんじゃねぇかな…」といった所です。
ヴィレンドルフであれば間違いなく全国民が一致団結するでしょうが、アンハルトでは一般にファウストが冷遇されている事を念入りに強調されているので、王家や一部のまともな貴族は動かせても、大多数の貴族や一般兵が着いて来ないのではないかと思います。
また、ヘルガの反応を見る限りではゲッシュ自体が一種の反則技と認識されているようなので、貴族には覚悟が伝わっても、一般兵には伝わらないどころか反感を持たれる可能性もあるかと思います。

ファウストの望みは軍権の統一で、貴族やその配下の兵が指令に迅速に従わなければなりません。しかし、無理に罰則等で縛って従わせるような事をしても、そんな士気の低い兵では迅速に動いたり出来るとは思えません。体裁を整えるだけではファウストが求めるクオリティにはほど遠く、当然モンゴルに対抗など出来ないでしょう。
ファウストも王家だけ動かしても駄目だと認識しているからこそ、満座の席で実行しようとしていると思いますが、現在のアンハルトにおけるファウストに対する評価では、王家が納得して、しぶしぶ諸侯が従うとしても、一般兵までは統率できず、軍としてはお粗末な物になるかと。
ここで一般兵まで従わせるのであれば、ヴィレンドルフとの和平後、今までファウストを評価していなかった貴族や民衆がファウストの評価を見直す描写が必要だったのではないかと思います。しかし、見直すどころかパレードであの有様や、ファウスト冷遇の背景を念入りに描写されていては、一般兵が命令に従って迅速に動くヴィジョンが見えません。

また、この事がモンゴル側にバレた場合、侵攻を7年より後に遅らせる可能性も出てきます。まあ、これはモンゴル的にそんな事では止まらないという事にする事も出来るかもしれませんが…
国内の不穏分子も一掃できていない今の状況で行うのは、正直不用意であると思います。

※文字数が超過したので分割します。

2021年02月13日(土) 21:40
Ⅳ号H型

第三章に入ってから主人公の童貞争奪と遊牧民対策への温度差描写で揉めているようで、御苦労様です。

毒殺事件を先にすべきだったと悩まれておられましてが、この後リーゼンロッテ女王と親睦を深めても、読者の心情的にニヤニヤするより嫁を大事にしてやれと苛立ちが先に来る人も多そうで難儀しそうです。
作者的には主人公は最後まで童貞を守らせるのが面白味と様式美とされるかもしれませんが、それも主人公と嫁の受ける理不尽さとして反発を覚えられるかも。舵取り大変そうです。
個人的にはカタリナ女王との約束の2年までにさっさと筆下ろしをして、タイトルを脱童貞や元童貞と改題して続けたり、告白しても告らせたいという題のままの某漫画の如く素知らぬ顔で続けても面白ければそれでよいとも思います。
この作品が仮想モンゴルとの対決をクライマックスに置くなら、作中時間で2年で終わるとも思えないので、いずれにしても子づくり家庭生活は避けられないと思いますし、寧ろそれが見たくもあります。

今後の執筆とファウストの健闘をお祈りします。

2021年02月12日(金) 00:22
まさくれ

なるほど!暗喩でしたか!
納得できるかは作品世界観における説得力次第かと思われますので、ばっちり納得できるものを期待しております!
毎度更新楽しみにしております!
返信ありがとうございました

2021年02月11日(木) 21:39
道造

まさくれ様、返信するやで。

>>そもそもこの世界に陰腹と言う文化があるのだろうか
ないやで。だから別な手段とるやで。
陰腹陰腹と作品中言ってるけど暗喩やで。
ただかなり手段が変則的でのう。読者側が納得してもらえるか作者悩んどるやで

2021年02月11日(木) 21:35
まさくれ

そもそもこの世界に陰腹と言う文化があるのだろうか
たとえ陰腹を斬って血を垂らしながら直訴をしても
「生理か?男のくせに胎から血が出ているぞ、前々から女なのではないかと思っていたんだガハハハ」
とか言う奴が出てくるんじゃないだろうか。

1 2 NEXT >>

▼コメント投稿
本文:※10~1000文字



[0]道造のページに戻る

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析