ハーメルン
記憶の片隅にある天国
作者:パフさん♪

人は寝ている間夢を見る

夢は理想、希望、未来、過去、欲望などいろいろな物語を創る事が出来る便利機能だ
それは、夢は自分の内心を映す鏡である

夢を見て一つのバンドによって自分の現実を変えて行くそんな主人公のお話

※バンドリのアプリを基準にしています
※この小説は処女作です

※一度投稿した「記憶の片隅にある天国」を上げ直したものです(一部改変している部分が有ります)


~目次~

[1]次 最初 最後
メンバーとの出会い
◇第1話 自分の居場所
◇第2話 あるバンドとの出会い
◇第3話 現実と夢
◇第4話 夢のような再会
◇第5話 夢と現実の狭間
◇第6話 ひとりの笑顔
◇第7話 バンド結成
第1回作戦会議
◇第8話 少女の要求
◇第9話 世界を笑顔に!
◇第10話 1歩の勇気
◇第11話 ここにいる理由
◇第12話 楽しい夢の終わり
新たな目標
◇第13話 未来へ繋ぐ音
◇第14話 新しい憧れ
◇第15話 私の要求
◇第16話 逸る気持ち
◇第17話 満たされた温もり
◇第18話 希望の報告
◇第19話 こころの支え
◇第20話 深まる親愛

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析