ハーメルン
神話級の巨大蜘蛛、異世界で無双。
作者:光車

なんとなく書いてみました。

2019/10/14
復活しました。
続けれるとこまで続けてみます。

今は序盤なので鬱展開はかなり少なめ、もしくはないです。

2021/5/17
再復活です。
本当ならば別作品に集中するつもりだったのですが、なんかめちゃくちゃ見られてますし、続けることにします。
とはいっても、合間合間に書くのでそこまで投稿頻度は高くないと思われます。
1,2週間に1話出れば良い方だと思ってもらえれば。

2021/5/18
これから1〜3話の改訂を行っていきます。
期間は未定です。
なので、話が繋がっていないときがあるかと思います。

1話の改稿が完了しました。

2021/5/20
この作品の完全オリジナル化の案が出てきているのですが、どうしましょうかね()
とりあえずアンケートでも設置しておきます。

ちなみに集中する別作品がスランプに陥って書けなくなったので、現在はこちらを中心に書いています。

2021/5/24
特に意味はありませんが、一応この小説の更新条件を。
基本的に、学校があった日です。
なので、休みの日には投稿はされません。
警報などで休みになったりした場合もそうです。
~目次~

[1]次 最初 最後
1章 学園都市① 地位向上編
◇異世界
◇神話級
◇神話級の強さ
◇当然の気持ち
◇屋上で
◇アルシナの感謝
◇実戦訓練開始
◇悪意との邂逅
◇新たな目的
◇出場決定
◇特訓スタート
◇全力
◇剣魔祭スタート
◇予選
◇ライバル認定
◇次へ
2章 学園都市② 能力強化編
◇それから一週間
◇衝撃の事実にして盲点
◇弾幕回避練習という名の八つ当たり
◇剣聖

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析