ハーメルン
疾風に想いを乗せて
作者:イベリ

今でも覚えている。

美しい金髪、澄んだ靑空を閉じ込めたような碧眼。




そんな誰かに




恨みを晴らす筈だったのに。








─────僕が、君に恋をするなんて









~目次~

[1]次 最初 最後
番外
◇グランド・デイ『イブ』
本編
◇第1話:探す者
◇第2話:探される者
◇第3話:薪
◇第4話:燃ゆる影
◇第5話:目覚めよ【前】
◇第6話:目覚めよ【後】
◇第7話:この先に終わりがある
◇第8話:少数精鋭部隊
◇第9話:疾風迅雷【風烈】
◇第10話:疾風迅雷【阿吽】
◇第11話:集結
◇第12話︰英雄よ、人であれ(アルケイデス)
◇第13話:知らない感情()
◇第14話︰不完全者(ベル・クラネル)
◇第15話:熱依存症
◇第16話:言いたい事
◇第17話:竜の滝壷
◇第18話:月桂樹(クラネル)に誓って
◇第20話:英雄の灯火(フィン・ディムナ)

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析