ハーメルン
バカ達と双子と学園生活 Take2
作者:天星

特殊な才能を持っていたにも関わらず、決して評価されず劣等生と蔑まれたFクラス。
その集団が、下克上を目指し実力主義の勝負を仕掛ける。

※本作は以前投稿した作品のリメイクです。話の大筋は多分変わりません。多分!
※本作では後書きでキャラ同士の掛け合いをやっているので無駄に長いです。興味が無い方は飛ばしてください。
※現時点で第七章のみクロスオーバー要素があります。苦手な人は読み飛ばしてください。
~目次~

[1]次 最初 最後
第1章 評価されなかった才能の証明
◇試験召喚戦争編 プロローグ
◇01 最底辺のクラス
◇02 クラスメイトと下克上と
◇03 集った才能
◇04 直感と確信
◇05 開戦
◇06 とあるバカの戦場
◇07 その名を掲げて
◇08 勝利条件
◇09 Dクラス戦終結
◇10 双子の兄姉
◇11 証明手順
◇12 或る晴れた日の悲劇
◇13 早朝の対話
◇14 続・とあるバカの戦場
◇15 副代表の役割
◇16 切り捨てる者、救う者
◇17 元副代表の小細工
◇18 停戦と終結と
◇19 もう一人の副代表

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析