ハーメルン
竹内多聞宛ての手紙
作者:ドラ麦茶

神が死に、美浜奈保子が世界的アクション女優となってから、数年後――。

城聖大学に勤める竹内多聞の元に、とある地方大学の教授から、一通の手紙が届く。

それは、以前竹内が発表した論文『羽生蛇村における一三〇〇年の呪い』の内容に、異を唱えるものだった。

(SIREN小説アフターストーリー4)

     ☆

『SIREN(サイレン)/小説/終章』の短編です。

時間軸は『終章』の数年後になりますが、ストーリー的にあまり繋がりはないので、この作品から読まれても大丈夫です。


~目次~

◇竹内多聞 城聖大学/研究室 二〇XX年/十時三十七分三十秒

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析