ハーメルン
幼年期のはじまり
作者:トクサン

 人類の進化は、次の幼年期へと入った。
 幼年期の始まりとは赤子の誕生、新人類の始まりであり、旧人類の滅亡を意味する。彼こそが新たな人類、上位者と成りし者――新人類の先触れである。
 蒼褪めた血の望んだ赤子、彼は人形に抱かれ滾々と眠る。

「あぁ、お寒いでしょう、狩人様……」

 上位者となり、新人類の先触れとなった彼は一体の人形と共に生きていく。


 上位者となった狩人と人形ちゃんがイチャコラサッサする話が読みたかったの、私は! けれど無かったの! 何で?(殺意) はやくかいて、やくめでしょ。
~目次~

◇軈て月に至る貴方へ

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析