ハーメルン
五等分の障害
作者:森盛銛

卒業から二年。

夏休みに入り、彼女である四葉とデートをしている最中だった。

彼女が倒れる。そんな彼女に告げられたのは・・・
そして他の姉妹も・・・




Twitter始めました。
フォロー頂けると幸いです。m(_ _)m
https://twitter.com/40dLTg5EpmPD7A2?s=09


よろしくお願い致します。
~目次~

[1]次 最初 最後
◇1話 再開
◇2話 一花と三玖
◇3話 私はやっぱり・・・
◇4話 前日
◇5話 前日その2
◇6話 ごめんな、四葉
◇7話 二乃の決意
◇8話 五月の心情
◇9話 条件
◇10話 答え
◇11話 デート?
◇12話 五月の本音
◇13話 笑み?
◇14話 楽しいお泊り会
◇15話 一花のお願い
◇16話 応援できない
◇17話 さよなら
◇18話 勝手
◇19話 今日はお休み
◇20話 再出発

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析