ハーメルン
コミュ障TS転生少女の千夜物語
作者:テチス

 何かよく分からないが自分の好きなキャラを作ったらその姿で異世界に居た。どうやら『夜の化身』として凄い力を手に入れてしまったらしい。夜になるたびポンポン生まれる眷属がなんか強い。
 だけどクリエイト時につけてしまったもう一つの設定の弊害によりコミュ障で表情の変わらない女の子になっていた。その表情と能力が周囲の勘違いを産み、空回りを生んでいく。
 小説家になろう様にも投稿しています。
~目次~

[1]次 最初 最後
1章
◇キャラクリエイト
◇ファーストコンタクトは失敗するもの
◇未知との遭遇
◇一歩進んで二歩戻る
◇検証と想定
◇それぞれの思惑
◇交渉という名のナニカ
◇課題は山積するもの
◇あざとい少女
◇勝手に動き始める物語
◇これはいっそ恋であったのかもしれない
◇集束する勘違い
◇変態と部屋、変態と壁画
◇純潔たる想い
◇凄惨な拷問
◇主人公不在はドシリアスなんですけど!?
◇美しい光景
◇エピローグ
◇閑話 ヤトの一日
◇閑話 黒髪という少女

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析