ハーメルン
それが、あなたのご注文なんだね
作者:ファットマン

木組みの町で暮らす少年、条賀成生(じょうが なるみ)

これは、彼の過去と、そしてある筈のなかった現在(いま)のお話。

ちょっぴり不思議な、願いと奇跡のお話。
~目次~

◇もしそうなら、それは偶然を通り越して運命なのかもしれないね
◇思いつきだけで料理をしちゃダメだと思う
◇必殺和菓子職人の領域へ
◇結局買ったのはペアカップと……なんでどんぶりを買ったの?
◇始めて潜入したのは木組みの町で僕が15歳の時だよ
◇うちに泊まるからには掟に……えっ帰るの? そう……
◇ココアさんと千夜さんを足して0.8をかけたくらいが僕の実力です
◇リゼ教官のよちよちラビットレシーブ
◇ラッキーアイテムになりたくて その1
◇ラッキーアイテムになりたくて その2

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析