ハーメルン
鬼滅の刃if~焔の剣士と月の鬼
作者:うにいくら

*鬼滅の刃外伝に合わせて、いくつか設定を変更いたします。
・物語開始時点では煉獄槇寿郎は元柱→現役に変更。

 煉獄杏寿郎が鬼殺隊に入隊してから一年と少し。
 任務で赴いた地で、人の命を救う鬼の女と出会った。
 日輪刀を持ち、傷ついた体を再生する血鬼術を持つ鬼の女、氷月夢乃。
 
 死を望みつつ、自ら命を絶つことの出来ない夢乃と、
 煉獄家の者として炎柱を継がねばという使命を持つ杏寿郎。

 やがて二人は惹かれ合い、だが人と鬼とが結ばれるはずもなく。
 ならばせめて悪夢が終わるよう、鬼舞辻無惨を共に倒すことを誓う。

*原作では呼吸による炎や水はたんなるエフェクト効果ですが、小説と言う形でカッコよく描写するために、実際に刀から炎や水といった呼吸効果が噴き出している──という設定でよろしくお願いします。(放火はしないよ!)
*原作ifとなります。
*煉獄さん生存ルート
*煉獄さんとオリ主の恋愛あり。
*基本シリアスですが唐突にコメディが挟まります
*多くの煉獄兄弟イラストを見て、尊さに感化されております。

~目次~

[1]次 最初 最後
◇序章
◇第一話:出会い
◇第二話:最悪な形
◇第三話:次はこの首を・・・
◇第四話:胸の痛み
◇第五話:うまい!
◇第六話:問いたい
◇第七話:また会えた
◇第八話:読める空気と読めない空気
◇第九話:ピリピリとした感覚
◇第十話:どんなに声を上げようと
◇第十一話:ただいまもどりました
◇第十二話:十五個の芋
◇第十三話:もしも奴ならば
◇第十四話:冷たいまなざし
◇第十五話:血の臭いから遠ざかるために
◇第十六話:強くあらねば
◇第十七話:芋羊羹
◇第十八話:馬鹿なのか?
◇第十九話:大食漢だった

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析