ハーメルン
サイボーグ傭兵の人形戦線渡り
作者:無名の狩人

気を付けろ。

影に潜む黒き怪物を。

気を付けろ。

闇に光、赤い目を。

気を付けろ。

小さな摩擦音が近くに聞こえる時、奴は既にお前の死を確信している。

奴に狙われれば最後、それは死ぬ時だ。

ある傭兵を知る者ならこの民謡の様な言葉を語り、恐れ、話す相手に忠告する為に話す。

傭兵ファントム。

顔をフリッツヘルメットやガスマスクで隠し、黒一色の装備と機械仕掛けの義腕と義足、義眼などの医療機械で身体を補った謎の多い傭兵。

ファントムと言う名前の通り、亡霊の如く戦場に現れてはターゲットを含めた敵対対象を全て抹殺し、消え去る。  

ある時は全ての傭兵の憧れ。

ある時は戦場の恐怖。

二つの面を持つ異名を持った傭兵ファントム。

その彼の痕跡を辿る話。
~目次~

[1]次 最初 最後
その他
◇設定集(※ネタバレ注意!)
原作開始前
◇一話
◇二話
◇三話
◇四話
◇五話
◇六話
◇七話
◇八話
◇九話
◇十話
◇十一話
◇十二話
◇十三話
◇十四話
◇十五話
◇十六話
◇十七話
◇十八話
◇十九話

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析