ハーメルン
兄さえいればいい
作者:ようぐそうとほうとふ

 ドラコ・マルフォイの一学年年下の妹、ソフィア・マルフォイは兄を偏愛していた。兄さえいれば世界がどうなろうがどうだっていいと言い切るほどに。

 入学式の日、ソフィアは兄妹で買い物に来たフラーリッシュ・アンド・ブロッツ書店でルシウス・マルフォイがどさくさに紛れ黒い日記帳をジニー・ウィーズリーの荷物に紛れ込ませるところを目撃する。
 父の不審な行動に興味が湧いたソフィアはマルフォイ家の慣習を破り、自らグリフィンドールへ志願した。

 もちろんソフィアには目的ががあった。それは“いつか誰かを傷つける”真実だと予感していた。しかしそれでも、ソフィは好奇心の赴くまま、暗がりへ進んで行く。

※原作に登場しないキャラクターや独自設定等あります。苦手な方はご注意ください
~目次~

[1]次 最初 最後
秘密の部屋
◇01.入学式の朝
◇02.妹なるもの
◇03.フローリッシュ・アンド・ブロッツ書店にて
◇04.驚くべき組分け
◇05.獅子寮のマルフォイ
◇06.穢れた血
◇07.兄、私、友達、その他
◇08.日記の持ち主
◇09.秘密の部屋
◇10.遊びはおわり
◇11.継承者の敵
◇12.うそつき
アズカバンの囚人
◇01.一族
◇02.吸魂鬼
◇03.鉤爪
◇04.罪
◇05. 恐怖
◇06.過去
◇07.追及
◇08.私

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析