ハーメルン
鬼滅の料理人
作者:ゆっくりカワウソ

 現代日本から大正時代(鬼滅の刃の世界線)に転生した料理人、灘結月(なだ ゆうつき)は鬼殺隊にて親方様の料理番兼鬼殺隊食堂の亭主兼鬼殺隊最終兵器終柱(ついばしら)として激動の時代を駆け抜ける。
 これはなぜか両儀式の直死の魔眼を持ち、さまざまな役職(?)を提げながら、時にシリアスになりつつも珍道中を繰り広げ、鬼退治をしながら隊士や親方様の胃袋をつかみ、後の伝説の戦うコックさんと呼ばれる男の物語である。

 最強系主人公の色々ごちゃ混ぜな物語なので生暖かい目でご覧ください^o^
~目次~

チャプター0:設定
◇第七半飯(7.5) 鬼滅の料理人設定集(未完)
チャプター1:原作開始前編
◇第一飯 鬼殺の料理人☆爆☆誕☆ー前編ー
◇第二飯 鬼殺の料理人☆爆☆誕☆ー後編ー出汁香る炊き込み御膳
◇第三飯 お館様のおなぁ〜り〜!ーあまね様体調回復御膳ー
◇第四飯 終柱灘結月就任ー鬼に死神と呼ばれた料理人☆爆☆誕☆ー
◇第五飯 鬼殺隊食堂開業!ー胡蝶姉妹思い出定食ー
◇第六飯 開店準備と5人の仲間!ー艶声ローレライとあったかシチューー
◇第七飯 心を燃やす男、来店〜ホクホク!ジャガイモ料理定食

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析