ハーメルン
奏でることを忘れた少年
作者:TAKACHANKUN

星川優はギターを愛してやまない少年だった。
しかし、ある日を境に奏でることをやめてしまった。
そんな彼は一人のギタリストと出会い、情熱を取り戻していく…
~目次~

[1]次 最初 最後
◇星川優は平和に過ごしたい
◇憂鬱の優
◇生徒会長襲来
◇おたんちんってよくよく考えたら危ない響き
◇女子もバンドをやる時代
◇その熱は
◇忘れてしまった感情
◇出会い、始まり
◇大魔姫の姉
◇超カッコいい追求大作戦
◇お前の言うカッコいいってやつを
◇大饗宴という名の公開処刑
◇生徒会長がアイドルだった件
◇バンドがやりたくて
◇欠けているもの
◇文化祭が何故か他校と合同になりました
◇思わぬ再会
◇5人の夢
◇幼馴染
◇文化祭開幕

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析