ハーメルン
換骨奪胎
作者:アボカドロ

【換骨奪胎】
かんこつだったい。
古人の詩文の表現や発想などを基にしながら、これに創意を加えて、自分独自の作品とすること。骨を取り換え胎盤を奪い取って、自分のものとする意から。転じて、外見や外形はもとのままで中身だけを取り換えること。現在では、他人の作品にちょっと手を加えて、自分の独創的な作品であるように見せかけるといった悪い意味で使うことが多い。

出典  「冷斎夜話」

goo辞書より抜粋

彼の大義を愛さなかった夏油傑の弟子が、五条悟と戦うまでの道中話や、これまでの経緯を振り返ったりする話。
主人公以外にもオリジナルのキャラクターが登場・原作とは多少違う展開になります。

初投稿になります。至らないところもありますが、楽しんで頂けると幸いです。評価・感想がもらえると作者が狂喜乱舞します。
~目次~

◇第一話
◇第二話
◇第三話
◇第四話
お仕事編 郡上涼利と新たなる3人の居候
◇第一話「むしかんなぎ 上」
◇第二話「むしかんなぎ 中」

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析