ハーメルン
非科学的な犯罪事件を解決するために必要なものはなんですか?
作者:色付きカルテ

『世界は無色。薄っぺらくて淡白で、とてもつまらないものですよ』――――なんて。
そんな中二病を卒業したばかりの佐取燐香は“他人の精神に干渉できる”少し死んだ眼をした高校生。黒歴史を撒き散らした中学時代とは一転、高校では普通に過ごすと決意するが、そんな彼女の想いとは裏腹に非科学的な力が関わる事件が連日世間を騒がせていた。

タイトル変更してみました。
旧題『非科学的な要素を含む犯罪事件を解決するために必要なものはなんですか?』

追記 「小説を読もう」にも投稿しています
~目次~

[1]次 最初 最後

◇犯罪事件に巻き込まれる確率は?
◇見える景色
◇顛末、末路、もしくは過程
◇それぞれが向かう方向
◇悪性の定義
◇それぞれの矜持
◇異なる能を持つ者達
◇1つ先の光景

◇画面を通した見えざる声
◇はじめての犯罪捜査
◇ありふれた事件
◇心の手折り方
◇サイレント

◇無能な采配
◇不適格な巡り合わせ
◇隠された本性
◇蜘蛛の糸
◇報いの数
◇傍迷惑な彼に
◇救われた少女

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析