ハーメルン
勝てなきゃ走る意味が無いと、俺はハルウララに言った
作者:加賀崎 美咲

ウマ娘が嫌いなトレーナーはハルウララにそんなことを言った。
ウマ娘はレースを走る。そこには必ず勝者と敗者が生まれる。
ウマ娘は勝つためにレースを走る。なら勝てない奴は何のために走る?
各話一人称視点で展開していきます。
完結しました
4/18
トウカイテイオーのIFルート始めました。
~目次~

◇トレーナーの独白
◇ハルウララの回顧
◇ハルウララの有マ記念
◇インタビュー・ウィズ・メジロマックイーン
◇IFルート もう走らなくて良いと、俺はトウカイテイオーに言った
◇轍の中で咲く花
◇炎、もう一度輝けよ
◇一人じゃないから

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析