ハーメルン
歌姫先生に一目惚れしたので、特級を目指して幸せにします。
作者:バナハロ

とある呪術高専一年、末増紗夜はひょんなことから京都へ行く事になった。
そこで出会った、顔に大きな傷のある女性、それに一目惚れをした紗夜の不器用な呪術師としての生き様を描いた物語である。


~目次~

乙骨憂太転校前
◇バカは特別扱いに燃える。
◇バカの一目惚れは非常に厄介。
◇自由人ほど闇は深い。
◇戦いは基本的に、たぬきとたぬきの化かし合い。
◇バカと天才は紙一重。
夏休み編
◇イベントに絡めない人っているよね。
◇挑発は時に命取り。
◇クウガで言うアメイジングマイティ的な。
◇どんな奴にも天敵はいる。
◇体罰じゃないヨ、指導だヨ。
◇要は物の見方よ。
◇また高校生だから。仕方ないね。
◇合宿中の女子会(1)
◇弱点は惚れた女。
◇単純バカはすぐにキレて後悔する。
◇前門の虎、後門の狼。
◇ドM以外へのお預けは殺人。
◇あーあ、俺知ーらねっ。
◇そんなんだから弱いって言われるんだよ。
◇コソ練ほど効果的なものはない。

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析