ハーメルン
雄英剣風帖
作者:剣鋭

 超常が現れる遥か昔から現存する剣術の大家(たいか)があった。その凄腕の剣技は、超常黎明期に更なる進化を遂げる──“異能”の出現である。

 しかし、その“異能”は《剣の理合》を悟らなければ発現するのもままならない、複雑な能力であった。それゆえ、大家は時を経るにつれ縮小させられる。

 やがて、“異能”が“個性”と呼ばれるようになった時代に、その少年は現れた。
~目次~

◇第一幕 現代剣客、その名は
◇第二幕 実力
◇第三幕 抜き打ち
◇第四幕 意地の激突。緑谷対爆豪
◇第五幕 決着
◇第六幕 水面下
◇第七幕 敗北の味

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析