ハーメルン
死を穿つ、直死の魔眼
作者:茄子林檎柘榴

現代の吸血鬼伝説と噂されたある街の連続殺人事件。

究極の殺し屋と謳われた退魔の血統。

否応なしに頭に流れ込んでくる暴力的な思念。

日常を破壊して、なお余る━━━━可視化された死。
~目次~

◇死を穿つ、直死の魔眼

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析