ハーメルン
津島善子・泣きぬれてひとり旅
作者:新庄雄太郎

「私は少し悲しい気持ちなので私は旅に出ることになりました、二度と戻る事もないのでどうか探さないでください。善子」と手紙を残してひとり旅に出て行った。
達仁は梨子と花丸と一緒に探しに行くが、ところが善子のひとり旅が悲しい事件が起きる  Aqours旅情サスペンス第4弾


~目次~

◇第1章 善子の置手紙
◇第2章 京都・女ひとり
◇第3章 金沢へ
◇第4章 アリバイ捜査
◇第5章 事件の背景
◇第6章 函館へ
◇第7章 小樽から網走へ
◇第8章 善子狙われる

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析