ハーメルン
機動戦士ガンダム外伝 サイド7最後の銃声
作者:震電みひろ

宇宙世紀0079、ファースト・ガンダムの二次創作です。

シャアによるサイド7の襲撃、そしてRXシリーズ3機がホワイトベースと共に地球に向かった頃。

地球連邦軍から一人の若手技術将校がサイド7に派遣された。
彼の名はエイタ・ジョンソン・ソウマ。
テム・レイ技術主任の元でガンダム開発の中心メンバーの一人として働いていたが、
テム・レイと衝突した事で、RX-78の開発からは外された。
代わりにコストダウンのためRX-79『陸戦型ガンダム』の開発を命じられる。
だがサイド7にはまだ陸戦型ガンダムのテストベッド機が残されていた。
それを回収にエイタはサイド7に向かった。

一方、ジオン軍からはあと一週間で定年で退役となる55歳の兵士ヒロシ・オダワラがいた。
頑固者の彼は、あと一週間で満了除隊という事もあって、サイド7を一人で監視する特別任務を与えられた。それは体のいい厄介払いだと言う事も本人は解っていた。

そんな「主流から疎まれた二人の兵士」が無人のコロニーで衝突する。
一方は戦闘経験はないが、新型モビルスーツに詳しい技術士官。
他方は戦闘経験も深く、戦闘技術にも優れた古参兵。

どちらが勝者となるか?

この話のベースは
『機動戦士ガンダム ORIGIN』
『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』
『機動戦士ガンダム外伝 ブルーディスティニー』
を元にしています。

一部独自解釈や独自設定があります。
~目次~

◇1,ある若手技術士官の呟き
◇2,ある古参兵の一時
◇3,起動
◇4,狙撃
◇5,受難
◇6,焦りと気付き
◇7,忍耐
◇8,渇きと疑惑
◇9,遭遇(前編)
◇9,遭遇(後編)
◇10,膠着
◇11,戦闘(前編)
◇11,戦闘(後編)
◇12,夜襲(前編)
◇12,夜襲(後編)
◇13,決戦(前編)
◇13,決戦(中編)
◇13,決戦(後編1)
◇13,決戦(後編2)
◇14,月の都市で

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析