ハーメルン
樹界の王
11話 テンザイジュ

「ラウネシアの保有する防衛手段について知りたいんですが、構いませんか?」
 ラウネシアの安全保障に関わる問題。
 ボクは何気ない様子を努めて装って、そこに踏み込んだ。
 予想とは裏腹に、ラウネシアはあっさりとそれを明かした。
『私は三層に分けて防御陣地を構築しています』
 森を解説する彼女は、どこか誇らしげだった。
『一つ目は外殻。火力を集中させ、森への侵入を困難なものへとしています。二つ目は外層。森の外側に位置する層です。侵入した外敵に対し、その機動力を奪う為の罠を張り巡らせています。そして、内層。バリケードの中に積極的に敵を排除する隷下部隊を配置し、外敵を全て殲滅します』
 ラウネシアのいる深部に辿り着くまでに見たトゲトゲの城壁のような植物を思い出す。
 あれが外層と内層を分けるバリケードだったのだろう。
 まるで人工的な森の構造。
 強固な要塞のようで、そこに自然らしさは感じられない。
「……ラウネシアは、隷下の植物をある程度好きに配置することができるのですか? あるいは、群生する植物を好きに書き換える事ができる、ということですか?」
『ある程度のコントロールを行う事ができます。急激な変化を加える事は不可能ですが、段階的に隷下の植物を変異させ、私が望むままの姿と機能を施す事が可能です』
 ラウネシアは統制を司ると同時に、工業能力をも司っているということなのだろう。
『実物を一度見てみますか? 一時的に全ての罠を停止させます。好きに森を歩き回るといいでしょう』
 ボクは思わず、周囲の森を見渡した。
 右も左も分からない広大な森。
 ラウネシアの防衛能力をこの目で一度確認したかったが、彷徨うにはあまりにもリスクが高い。
「いえ、ここの地理はまだよくわかっていません。一度遠くまで行ってしまったら恐らく戻る事ができなくなります」
『大丈夫ですよ』
 ラウネシアは美しい笑みを浮かべると、そう言った。
『私は、この森に遍在します』



 ボクは深い森の中を進みながら、周囲の植物を注意深く見渡した。
 夜を超え、既に周囲は明るくなり始めている。
『これ以降が外殻になります。上空、そして地上に対する長距離射程の攻撃手段を数多く保有しています』
 近くの樹木から、ラウネシアの思考が流れてくる。
 ラウネシアは森全体に地下根を共有した樹体を点在させているらしかった。
 この森全体がラウネシアの身体であり、それらは感覚器官のようなものなのだろう。そしてラウネシア本体は中枢神経系の役割を果たしている。
 森全体が一個体のように働いているようだった。
「ボクがこの森に迷い込んだ時、ラウネシアは既にそれを感知していたのですか?」
『それらしい気配は。ただし、当時の私は寄生植物、シメコロシ植物の攻撃を受け、他の点在樹の情報を正確に受け取る事ができませんでした。情報の交換、そして点在樹の維持には莫大なエネルギーを要するのです。常に全ての点在樹が稼働しているわけではありません』
 通信能力を有するが、その使用には制約が存在するらしい。
 ラウネシアは森の中枢神経系であり、森の女王ではあるが、森そのものではない。
 森に対する支配能力にはいくらかの制約と限界が存在し、それは彼女の弱点と言える。
 軍蟲の知能がどれほどのものかはわからないが、ラウネシアの死角とも言える支配能力の限界点を恐らくは突いてくる事になるだろう。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析