ハーメルン
樹界の王
13話 ユーカリ

 音が戦場を支配していた。
 森全体から響き渡る砲声。軍蟲を指揮する太鼓の音。そして、断末魔にも似た咆哮。
 その音に耐性を持たないボクは、正常な思考能力と判断能力を徐々に削がれるのをぼんやりと感じていた。
 太鼓の音が、次々と変わっていく。
 軍蟲の横陣が更に広がり、ラウネシアの火力を分散させるようにその体積を伸ばしていく。
 やはり、軍蟲には知能が存在する。
 彼らは彼らなりの戦闘教義を保持している。
 彼らは学習を繰り返し、それを改良していく事になるだろう。
 圧倒的火力によって、軍蟲が次々と吹き飛ばされていく。
 弾の役割を果たしているのは植物の実だろうか。
 次々と炸裂するそれは、まるで迫撃砲のようだった。
 現時点では、ラウネシアと軍蟲の戦力には大きな差がある。
 ラウネシアの持つ圧倒的火力は、軍蟲の持つ些細な戦闘教義を叩き潰す絶対的なものだ。
 大気を震わせる轟音の中、軍蟲の軍勢はなおも広がっていく。
 止まる様子がない。
 軍勢の形は、崩れていく。
 はじめ、ボクはそれを瓦解だと判断した。
 圧倒的火力によって、軍蟲は最早隊列を無視して逃げまわっているのだと思った。
 しかし、軍蟲の広がりは収まりを見せない。
 軍蟲との距離が縮まる中、彼らは固まりを作らず、個人的な突撃を始める。
 そこに、ボクは得体の知れないものを感じ取った。
 思わずラウネシアの点在樹に目を向ける。
「ラウネシア。軍蟲の広がりはいつものことですか?」
『いえ、ここまで広がるところは見た事がありません』
 軍蟲は最早軍勢ではなく、個体としての攻撃を開始していた。
 軍勢としての突撃能力を失い、森全体に張り付くように大きく広がっていく。
 ラウネシアの砲撃の効果が弱まり、撃ち漏らした敵が次々と接近してくる。
『カナメ、下がってください』
 ボクは頷いて、森の中に向かって駆けた。
 軍蟲は、既に統率を失っている。
 それでも攻撃を止めないのは、敵の指揮官が部隊を生き残らせるつもりがないからだ。あれだけ広がってしまった部隊を無事に戻す事は不可能だ。
 敵はもう、勝利を放棄している。
 軍蟲の武器が繁殖力で、軍蟲の戦略目標が生存圏の拡大であるならば、既に敵の目的は戦術勝利ではなくなってしまっている。
 これは、口減らしだ。
 死に向かって、ただ軍蟲たちは行進させられている。
 悲鳴が聞こえた。
 軍蟲のものではない。
 ボクの感応能力が拾った植物のものだった。
 森に侵入した軍蟲たちが、外殻を構成する樹木を斬り倒していく。
 それを迎撃するように、更に内部の植物たちが戦闘態勢に移り、激しい攻撃意思が森全体に広がっていく。
 勝敗は、もう見えている。
 現時点で軍蟲に勝ち目は存在しない。
 それでも、軍蟲は退かない。
 戦争という言葉とはかけ離れた戦闘行為。
 原始的な生存競争そのもの。
 恐らく、この戦争において妥協点というものは存在しないに違いない。
 講和は存在せず、種そのものを殲滅するまで続くのだろう。
 森の中を駆ける中、背後から軍蟲の咆哮が響いた。
 振り返ると、樹々の向こうに軍蟲が立っていた。
 目が合うと同時に、それは地面を蹴った。
 速い。
 筋骨構造が人間と相当違うようだった。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析