ハーメルン
樹界の王
01話 ハガキノキ

 初めに感じたのは、匂いだった。
 深い森の香り。
 目を開けると、風に揺れる青い葉々が見えた。
 ゆっくりと立ち上がる。
 頭が重い。
 どれくらい眠っていたのだろうか。
 周囲を見渡すと高い樹々が広がっていた。見慣れない木だ。
 重い身体を引きずって、近くの木に近づく。
 十メートルはありそうな巨大な樹木。キャンプ場の近くにこんな木はないはずだ。
 そっと周囲を見渡す。
 風によって揺れる木々の音。
 人影はどこにも見られない。
 携帯を取り出すと、圏外の文字が飛び込んできた。
 途端に不安になり、ボクはもう一度周囲を見渡した。
「由香?」
 一緒にキャンプに来ていた幼馴染。その姿はどこにもない。
 慎重に森の中を進む。知らない植物ばかりが広がっていた。
 嫌な汗がどっと噴き出す。
 遭難。
 そんな単語が頭に浮かんだ。
 それならば、無闇に下るのは危険だ。頂上を目指して山道を探しながら進むべきだ。
 山道に出るまでにどれくらいかかるか分からない。
 漠然とした不安感が沸き起こり、そしてある光景がフラッシュバックする。
 赤色の空。そびえたつ鉄塔。うるさい警報。無人の電車。
 ここで目を覚ます前に見た光景。
 あれは、何だったのだろう。
 夢、だったのだろうか。
 今となってはもう分からない。
 それよりも、ボクは何故こんなところにいるのだろう。
 疑問は尽きる事がない。しかし、今は歩くしかなかった。
 暗くなる前に山道に出て、人を見つけなければならない。
 道のない森の中を、慎重に進む。
 しかし、高低差が分からない。
 広がる森に起伏はなく、どの方向が頂上なのか見当もつかない。
 目印が必要だ。
 太陽の位置を確認しようと空を見上げる。
 そこで奇妙な事に気づく。
 頭上に広がる林冠の向こうに、二つの太陽が見えた。
 思わず目を擦り、もう一度頭上を見上げる。
 確かに、二つの太陽があった。
 目眩のようなものを感じ、ボクはその場に立ち尽くす事しかできなかった。
 胸の奥の不安が、ボクを呑み込むようにどんどん大きく成長していく。
 何より、水の心配があった。
 手持ちの水分はペットボトル一本分。今日一日しか手持ちの水は持たない。
 どうするか熟考している間に、木々の間から降り注ぐ太陽光によって身体中の水分が奪われていくのがわかった。
 間違いなく、近いうちに水が底を尽く。
 その事実がボクを突き動かした。
 第一に水の確保だ。
 どんな選択を取っても、最終的には必ず水の問題にぶつかってしまう。
 キャンプのゴミを持ち帰るために持ち歩いていたビニール袋をバックパックから取り出して、周囲の手頃な植物に近づく。
 そこでボクはそっと植物に向かって手をかざした。
 目を閉じると、穏やかな波が感じられた。
 この植物に敵対心は感じられない。有効な毒は持ち得ない。
 ボクは小さい頃から、植物の心のようなものを読む事ができる。
 もちろん、植物に中枢神経系は存在しないし、そこに高度な知的活動は存在しえない。
 それでも、ボクは感情に近いものを読み取る事ができた。
 青々とした葉をビニール袋に入れて密閉する。
 葉温、と呼ばれるものがある。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析