ハーメルン
僕と剣姫の物語
親交

 翌日。
 月から日まである一週間の内の良く晴れた木曜日。
 午前十時ちょっと前。
 僕は、いつも出掛ける時の鎧姿──ではなく、まあそれなりに見れる服装で北西のメインストリート:通称冒険者通り、その真ん中に位置する噴水前のベンチに座っていた。
 待ち合わせというやつである。
 僕としてはホームから一緒に行ったほうが効率が良いと思ったのだが、ヴァレンシュタインから話を聞いたのかヒリュテ(妹)から「分かってない、十華は何一つ分かっちゃいないよ!」と謎の説教を受けた結果がこれである。
 これでは本当にデートのように見えてしまうので抵抗があったのだが当然聞き入れてくれる訳もなく、例によって僕は女性には弱く。
 故にこうして僕は一人寂しく待機しているという訳だ。
 因みに今の季節は春夏秋冬の左から数えて二つ目、右から数えて三つ目。
 つまり夏、それも真夏である。
 真夏の、日。
 要するに真夏日。夏は夏でも最も夏な日であった。
 降りかかる日光は確実に肌を焼き、照らし出された大地からはもうもうと熱気を立ち込めている。
 まあ、なんだ。
 つまりは物凄く暑いってことである。
 僕が後五歳若ければ後ろの噴水に飛び込み体の熱を一気に冷却しただろうという確信があるほどだ。
 何もせずとも出てくる汗を拭いながら水を呷る。
 これが無ければ今頃僕は熱中症でぶっ倒れていたと言っても過言ではない。
 全く、誰だよ待ち合わせなんてものを考えたやつは…と下げていた頭を回そうとしたら上から
 
 「……ごめんなさい、ちょっと、遅れちゃった」

 と、声が降ってきた。
 頭を上げる。
 頭を上げたときは誰の声だったのかは分からなかったけれども、凡その予想はついていた。
 というか、この局面、この時間に声をかけてくる人間なんてのは一人しかいない。
 眼の前にいたのは、やはりアイズ・ヴァレンシュタインだった。
 だがしかし、いつもと様子が違う。
 いや、様子というか何というか。
 彼女もまた、普段ダンジョンに潜る時の服装ではなかったのだ。
 金の刺繍が施された白い肩出しのトップスに、下は短すぎるのではと思うくらいの蒼いスカート。
 足は純白のストッキングに覆われていて、見え隠れしている肌色が眩しい。
 心臓がちょっと大きく跳ねたのが分かる、散々デートだ何だと言われただけに変に意識してしまっていた。
 少しだけ熱の上ってきた頬を押さえて数秒、息を吸ってから口を開いた。
 
 「数分なんて遅れた内に入らないよ、気にすんな」

 じゃあ行こうか、なんて言いながら僕等は歩き始めて、ふと止まる。
 ──女性の服装は褒めてあげること!
 待ち合わせ云々の際に、ヒリュテ(姉)から言われた言葉を思い出す。
 首を傾げてこちらを見つめるヴァレンシュタインに、僕は何度か口を半端に開閉してから咳払いを一つ。

 「その服、似合ってる。すごく、可愛いと思う」

 ヴァレンシュタインは少しの間フリーズした後に、顔を赤らめて、しょぼしょぼした声でありがとう、と呟いた。
 はぁ、全く。
 今日は暑いな。

 
 「今日ははどういったご用件で?」
 「ちょっと無理させすぎちゃったから、見てもらいたくてさ」
 

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/8

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析