ハーメルン
僕と剣姫の物語
神託

 ──ロキ。
 我らがロキ・ファミリアが主神。
 天上からここ、人界へと降りてきた神の一柱。
 オラリオで今、知らぬものはいないほどの知名度を誇る神。
 フィン・ディムナを代表とした高レベルの冒険者を次々と輩出し、瞬く間にオラリオ内でも一、二を争うほどのファミリアへと発展させた非常に有能な女神。
 特徴的な緋色の髪に、いつも閉じているんじゃないのかと思うような糸目で良く周りを見ている彼女は今、僕に馬乗りになっていた。
 背中をパチンと叩いて、ロキは言う。

 「さぁて十華ァ……今日はアイズたんと何をしてきたぁん……?」
 「どうしてそんなネットリとした言い方をするんだ、気持ち悪いぞ」
 「うっさいわ! 良いからキビキビ話さんかい!」

 バシバシと叩く勢いを強めたロキにため息を吐く。
 参ったな、とそう思う。
 神に嘘は吐けない。
 これは気持ちの問題とかそういうことではなく。
 ただ純然たる事実としてそうなのである。
 人の子は神に対して誤魔化すことも騙すことも叶わない。
 彼女ら神という存在は、僕等人間の吐いた嘘を見抜くことが出来るらしいのだ。
 つまり僕は彼女に何をしてきたのかと問われた時点でほぼ詰みが確定していた。
 何度も言うようだが、ヴァレンシュタインは彼女の大のお気に入りなのである。
 そんなロキに今日の出来事を言ってみろ。
 この場で折檻を食らうこと間違いなしである。
 めんどくせぇ……
 忘れているかもしれないが僕もれっきとした冒険者であり、レベルだってまあ、低いわけではない。
 いや、謙遜はよそう。
 僕は一級冒険者だ、ぶっちゃけフィンと殺りあっても生き残れる自信がある。
 故に、生半可な攻撃じゃ痛くも痒くも無いわけである。
 そして彼女ら神といった存在は、人界に降りる時に、その神としての能力を封印しているらしい。
 端的に言えば、ロキは現在そこらの一般人女性と変わらぬ能力しか無いということだ。
 だから、彼女に何をされようが特段問題にはならない。
 強いて言うのであれば、面倒なのである。
 無駄に智慧が回る神だけあってロキは非常に狡猾な手段で嫌がらせをしてくるのだ。
 具体例を挙げるのであれば、シャンプーとリンスを入れ替えたり。
 僕の日めくりカレンダーを二日ほど先んじて破っていたり。
 僕お手製の砂時計を勝手にひっくり返していたり。
 そう言った特に目くじらを立てるほどではないが、絶妙にうざい嫌がらせが行われるのだ。
 といっても、僕にはやはり包み隠さず話すという選択肢しか無かった。
 というのも、別に嘘を吐いても無駄だとか、そんなことは関係なく。
 僕はロキに嘘は吐かない。
 そう誓ったのだ。

 「そこでだな、僕はヒリュテ(姉)の言葉を思い出して──」
 「んなっ!?」
 「ゴブニュに何故か追い出されて──」
 「ほぉん…?」
 「腹の虫が鳴いたから───」
 「ぷっ……アイズたんきゃわわ……」
 「髪の毛が邪魔そうだったから──」
 「はぁぁぁぁんん!!?」
 「そんで何故か手を差し出してしまった。正直ちょっと違和感すら覚えたよ」
 「………ほぉ」

 一言一言発する度に面白いくらいリアクションを取っていたロキだったが、最後の言葉を聞いた瞬間スッと、熱が冷めたように表情を落ち着かせた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析