ハーメルン
異世界で 上前はねて 生きていく (詠み人知らず)
第1話 異世界で 上前はねて 生きていく

現代日本で社畜として働き、過労死したはずの俺は、気づいたら異世界へと転生していた。

しかもディストピアSFや粘菌生物の支配する世界なんかじゃなく、魔法あり異種族あり奴隷ありの所謂ファンタジー世界だ。

最初は単純にラッキーって思ったね、ノーフォーク農法を広めたり、石鹸作ったりして知識チートで楽に過ごしてやるんだってさ。

でも必要は成功の母っていうか、みんなの欲しがるものはどこでも同じっていうか、そんな感じなわけで。

農地が痩せない麦を大昔の魔法使いが作ってたり、石鹸に代わるような商品作物が普通に流通してたりで、俺の野望は5歳にして打ち砕かれたのだった。

幸い俺は地方都市の城塞内に店を構える商家の三男坊。

働かなくても育ててもらえたし、適当に四則演算をやってのけたら親が舞い上がって神童扱い。

末は官吏か魔導師かって事で、ちょっといいとこの魔導学校に入れて貰えることになった。

タダで学歴おいしいです。

ちなみにこの世界の魔法使いは知識階級しかなれないって事で、上流階級は魔法を使える人がほとんどだ。

だからちょっといいとこの坊っちゃん嬢ちゃんは才能があろうがなかろうが、みんな魔法と高等教育を教える魔法学校に入ることになる。

冒険者の魔法使いなんかは、そこのドロップアウターか没落した家かってとこだ。

そんなわけで、都市内の魔法学校に通うことになったわけなんですが。

もうね、わかってたんだけどね。

俺の魔法の才能……普通ですわ。

なんか超偉そうな貴族の子弟達に馬鹿にされちゃうぐらいには攻撃魔法が苦手で。

なんかお尻が弱点っぽい、ドリルヘアの上級貴族のご令嬢にライバル認定されちゃうぐらいには支援魔法が得意。

得意と苦手で差し引き0って感じ。

あとは社会通念的なあれで、この国じゃ男魔導師は攻撃魔法が使えないと認めてもらえない感じだから職業軍人としては絶望的って感じかな。

俺は軍隊入る気ないからいいんだけどさ。

教師からは「お前が女だったら主席だったかもな」と言われたけど、主席になんかなっても実家はしがない政商ですし。

いやー、参ったわ、金回りだけの家だからなー、そこらへんの貴族より稼いでるけど大した事ないんだよなー (棒)

そんなわけでほどほどのヘイトとほどほどの期待を背負いながら学生をやってたんだが……

俺は10歳にして、新しい商売の種を思いついたのであった。





前世の俺は社畜だった。

昼も夜も過労死ラインもなく働きながら、終業時間の2、3時間前に悠々と役員車に乗って帰っていく役員を羨望の目で見つめていたものだ。

今世の俺はドでかい商会のお坊ちゃんだ。

役員待遇で兄貴の下について楽できるかもしれないが、もしかしたら兄貴の気分次第では社畜並にコキ使われるかもしれない。

そんなのはごめんだ。

そして何より、張り詰めた社畜からぬるま湯のお坊ちゃまへと一気に生活が変わった俺は、もう自分で働くというのが嫌になっていた。

俺の持つ回復魔法の才能を使えば楽々で治療院なんかを経営して生きていけるのかもしれないが、回復魔法を使うことすら嫌なのだ。

[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析