ハーメルン
異世界で 上前はねて 生きていく (詠み人知らず)
第14話 落語とは 相性悪い パスタかな

シェンカー家の前を、普段とは比べ物にならないぐらい多くの人が行き交っている。

今日は太陽の神への感謝を伝える感謝祭だ。

秋にやる月の神へと感謝を伝える収穫祭とは対になる、古くからある祭りだ。

私の主であるサワディ様はご実家の前で出し物と屋台をやることになさって、その準備にここしばらく忙しくしていた。

まず屋台を使った芝居を見せ、その休憩に屋台で物を売るという無駄のない構成。

ご主人様もさすがは商家の出、考えることがいちいち理屈(・・)だ。

愛玩奴隷としての教育しか受けていない私では理解できないところも多いけど、あのご主人様のなさることに間違いなどないに違いない。

サワディ様自身は学校の学園祭に行くとの事で、私達だけでやることになっているので練習もみっちりやった。

おかげで近頃ヘトヘトだ、ペペロンチーノを作るのは天下一上手になったと思うけど。



「これなんだい?」

「これは小麦で作った麺って料理ですよ、ペペロンチーノっていうんです」

「へぇ〜お嬢ちゃん可愛いから、ひとつ、も、貰おうかな?」



だらしのない顔をした人族のおじさんに、木皿に盛ったペペロンチーノと木のフォークを渡し、粒銅貨9枚を受け取る。

高いなぁと思うんだが、今日が祭りだからか、料理の匂いが抜群だからか、見たことのない料理だからか知らないが、結構売れる。

私の容姿や調理の腕も、少しは影響しているんだろうけど。



「む、時間である!」

「よっ!待ってました!」



槍を片手にずっと時計の針を見つめていたメンチさんが声を上げると、周りの見物客から歓声が上がった。

メンチさんは最近ご主人様から貰った銀の懐中時計を大事にしてて、周りの誰にも触らせずにいる。

あんなお高いものを奴隷に与えるなんて、ご主人様も豪気というか考えなしというか、やっぱりまだまだ子供なのかな?



「シーリィ、やるぞ」

「わかりました~」



今日の私達の仕事は2つある、屋台でペペロンチーノを売ることと、屋台を使ってご主人様の考えた芝居をやることだ。

詩を諳んじる事のできる、頭のいいハントでも芝居なんか書けないって言ってたから、やっぱり魔法使いになるような人の頭は出来が違うんだなぁ。



「えー、お静かに願います。これから奉納芝居を始めますので、お静かになさってください。ただいまより料理のご購入はできませんのでご理解をお願い致します」

「あの姉ちゃん何言ってんだ?」

「黙ってろって言ってんだよ」

「なぁんだそうか」

「……ごほん、これから始まりますは夜にペペロンチーノを売る2つの屋台と、2人のお客のお話です。お題目は『時ペペロンチーノ』でございます」

「いよっ!」

「頑張って!」

「ロースの姉御!応援してますぜ!」



ハントが案内をすると、もう観客が湧いてる。

さっき芝居をやった時にもいた人もいるし、緊張するなぁ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析