ハーメルン
異世界で 上前はねて 生きていく (詠み人知らず)
第15話 冒険は 剣を授かり 続くなり

ついに金ができた。

なんの金かって?

うちの奴隷達の拠点を買う金だよ。

さっそく親父のコネで物件を探してもらって、潰れた漬物工場の跡地でかなりの広さがある所をなかなか割安な値段で買った。

といっても一般人の年収10年分ぐらいはしたかな。

うちの親父もちょい足し投資してくれたし。

まぁ、いわくつきの土地なんで買い手がつかないって事情もあったんだけど、俺が住むわけじゃないしね。

とにかく、これでようやく人が増やせるわけだ。

となれば行くのはあそこしかないよな?

そう、奴隷商だ。



「お久しぶりでございます、ついに拠点を手に入れられたとか。このペルセウス、今日のために欠損奴隷を掻き集めて参りました」

「うん、よろしく」



さっそく通された奴隷お披露目ルームには、部屋に入り切らないほどの奴隷達がひしめいていた。



「すげぇ集めたね」

「サワディ様の奴隷達は名前が売れておりますので、声をかけると各所から回ってまいりました」

「そういう事もあるのか」



奴隷商の丁稚がうんざりしたような顔で頭を下げた。



「早速ですが、一人目。ピーナです、16歳、元冒険者、腰が砕けていて……」

「ああ、もういいよ……」

「なんですか?」

「説明はいい、ヤバいのだけ弾いて全部買うから」

「えっ!?」



丁稚は驚いた顔で俺とペルセウスの間で視線を行き来させている。

予算と場所がありゃ、そりゃあ全部買うよ。

収益化の目処はついてるんだからさ。



「サワディ様の言うとおりにせい」

「は、わかりました……」



その後出てきた奴隷達はだいたい(・・・・)問題なかったので、ほとんど(・・・・)買った。

さすがに魂を半分抜かれてるのや、闇の魔術で寿命が吸い付くされてるのとかはどうにもできないからな。

あとは半身をカエルにされてるやつがいたけど、そいつは触るの嫌だから買わなかった。

キモいからな。



「大商いになってしまいましたな」

「売れると思って集めたんじゃないのか?」

「いやはや、まさかここまでとは」

「奴隷商人ペルセウスの度肝を抜けたかい?」

「ええ。まことにもって、サワディ様のご成長は雷光の速さですな。私の一手先どころか、はるか未来を歩んでおられる。天国にいらっしゃる先代様も、さぞお喜びの事でしょう」

「よせよ、また頼むわ」

「ははっ、奴隷は拠点へとお届けさせて頂きますので」

「やばそうなのは今日治して帰るから」

「かしこまりました」



こうして労働力を手に入れた俺は、またもや新たな事業へと乗り出したのだ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析