ハーメルン
異世界で 上前はねて 生きていく (詠み人知らず)
第17話 功績は 人に譲れど 益高し

俺は天才だ。

いや、こういう事を言うとバカだと思われるかもしれないが、本当に天才なのだ。

狭い世界ではあるが、単純に支援や再生魔法の出力が一番強く、研究でも前世の記憶抜きにしても閃きが止まらないのだ。

人にはできない事ができるというのは、単純に心を豊かにしてくれる。

だが一方で俺はこう理解もしていた。

武力や後ろ盾のない天才など、単なる金貨の入ったしゃべる袋である。

有力者にこれ幸いと捕まり、中身を取り出されて捨てられるだけだ。

その点、俺も無駄に年食っていて幸いだった。

功績を他人になすりつけて利益だけをかっさらう方法に、きちんと当たりをつけていたのだ。



「こりゃまた凄いものを作ったね、魔結晶を交換する事で長期間動く造魔か」



午後の魔導学園、造魔術研究所。

この研究所の長であるマリノ教授が、普通とは違うロボットっぽい見た目のホムンクルスを手のひらの上で弄んでいる。

俺の作った『燃料交換式』の造魔だ。

教授の隣でそいつを見ていた、俺の指導担当である金髪の理系女子クリス・ホールデンは、気に入らなさそうに鼻を鳴らした。



「ふん、商家者の強欲というのは際限がないな」

「いやいや、そうバカにしたものではないよホールデン。造魔の性能や美麗さを追求するのではなく、使い勝手を良くする。こういう下民的な発想は我々に欠けていたものかもしれないね」

「わかりませんね。造魔は使い捨ての魔法生物、その都度作ればいいではありませんか」



造魔は基本的に使い捨てだ。

そもそもが魔法生物を維持する膨大なコストを抑えるために開発されたもので、まぁ手榴弾や地雷みたいなものと思ってもらえればいい。

もちろん庶民の感覚からすれば驚異の高コストなのだが、庶民とお上の金銭感覚が隔絶しているのはどの世界も同じだということだ。



「それもそうだけどね。ほら、たとえば我々は研究者だというのに、時に造魔を量産する労働者としての扱いを受ける事があるだろう。簡単なインプやカーバンクルなどであっても、人からの依頼で沢山作るような場合はなかなか骨なものだよ」

「むぅ、それはたしかにそうですが……」

「そういう時にね、この魔結晶交換式の造魔を渡しておけば、相手は魔結晶を交換するだけで済むから我々は手を煩わせられない。そうだろう?シェンカー」

「はい、その通りです」



やはり、この教授はわかってる(・・・・・)

ふんぞり返って攻撃魔法をぶちかますだけの貴族とは違う、造魔術なんてマイナー学問(・・・・・・)を支えてきただけのことはあるな。

効率化や低コスト化の価値を理解してくれている。



「この造魔、寿命はいかほどだい?」

「先週試験的に作ったバイコーンは、1日1度の魔結晶交換で未だに生存しております」

「少なくとも1週間も持つなら素晴らしいね」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析