ハーメルン
異世界で 上前はねて 生きていく (詠み人知らず)
第17話 功績は 人に譲れど 益高し


「ああ」



番頭は何やら機嫌が良さそうだ。



「あのバイコーンには先日から粉挽きをさせていましたが、やはりなかなか効率がいいですね」

「そりゃそうだ、うちは魔結晶を自前で調達できるんだからな」



相場が上下して調達しにくい魔結晶でも、うちの冒険者に取ってこさせれば常に安定供給、常に底値だ。

実家にいた粉挽き奴隷達も辛い仕事が減り、経営側も別の仕事を割り振ることができる。

Win-Winである。

ついでに俺も奴隷の飯用の小麦が安く買えてWin-Win-Winだ

やはり造魔術は小銭稼ぎには最適の学問だな。



「つきましてはもう2、3匹……」

「おいおいコキ使ってくれるなよ」



ま、いいけどさ。

まだまだ秘匿技術なんだから、外には出すなよ。

[9]前 [1]後書き 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:3/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析