ハーメルン
異世界で 上前はねて 生きていく (詠み人知らず)
第20話 シェンカーの 奴隷が町を 支えてる

「チキンさん、表の扉開けますね」

「ああ、開けてちょうだい」



私の朝は早い。

このM・S・G(マジカル・シェンカー・グループ)の拠点の中では、炊事係に次いで2番目の早さだ。

奴隷達を借りに来る人達の相手をしなければならないからなのだが、正直つらい。

重要な仕事を任されてるから手当も大きいんだが、毎日毎日朝からむくつけきオッサンたちに囲まれるのはさすがに気が滅入る。



「北の辻の薬屋の横の家!軽作業2人!」

「それでは4の鐘の頃に向かわせますね」

「頼むぜ!これ金っ!」

「割符です」

「おうっ!」



朝からみんな元気で汗臭い。

だいぶ慣れてきたけど、最初は面食らったなぁ。



「花屋のダムガードです、運送1人、前に来た子がいたらその子がいいです」

「ラーズですね、大丈夫ですよ。それでは4の鐘のころに向かわせますね」

「ありがとう、銀貨1と銅貨2でいいのよね?」

「そうです、こちら割符です」

「よろしくおねがいしますね」



近頃は建築現場や単純作業以外にも、普通の店の手伝いとかに呼ばれる事も増えた。

割がいい仕事だってみんな喜んでるけど、力仕事と違ってたまーにクレームもつくからこっちは複雑な気分だ。

まぁ、うちの組織が町に受け入れられていっているのだと思うと喜ばしいのだが、中間管理職の数がまだまだ少ないのがなぁ……

ご主人様ももう1人か2人ぐらい、教育に回せる知識奴隷を買ってくれないだろうか。

もしくはまたあのチャラいお兄様におねだりしてくれないかなぁ。



受付の隣には購買部もある。

ここは普段は奴隷達がちょっとした買い物をする時に使う場所だが、朝は業者の人にも開放してる。



「弁当ちょうだい」

「こっち弁当2個」

「こっち5個だー!」



人気なのはシーリィとハント率いる炊事班の作る弁当だ。

使い捨て皿代わりの爆裂モロコシの葉っぱに、適当な料理が入ってるというもの。

パンと炒め物の日もあれば、ふかした芋とパスタなんて日もある。

その前の日に安かった材料で作っているので、正直当たり外れが激しい。

でも安さと、美人が作った料理ってことで毎日安定して数が出ているのだ。

他に人気なのは……



「邪魔なんだよ!うすらデカい馬女がよ!」

「あぁ!?お前今ピクルスさんになんて言いやがった?」



おっと、喧嘩だ。

どうも出発前の冒険者と、建築業の男の間に揉め事があったらしい。

人でごった返す拠点の入り口で蛇人族の男と、うちの猪人族のプテンが口論を始めた。



「だったらどうだってんだよ、しゃしゃり出てきてんじゃねぇぞイノシシ女」

「もういいよぉ〜プテンちゃん」


[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析