ハーメルン
異世界で 上前はねて 生きていく (詠み人知らず)
第7話 新しい 奴隷元気を 取り戻し

「おっ、動く……動くぞ……」



家の中庭では赤毛の魚人族、ロースが取り戻した右腕を少しづつ動かそうとしていた。

魚人族特有の首のえら(・・)から手先まで伸びるうろこ(・・・)も、再生したての右腕にはまだない。

生やしたばかりの四肢は色々と未発達だ。

欠損治療に大切なのは根気強いリハビリなんだな。

俺は回復魔法が使えるからスパルタでいくが。



「ふっ……ふっ……ふっ……ふっ……」



その横では全身を焼かれていた元正規兵のメンチが、再生したばかりの左腕をだらりとぶら下げたままスクワットをしている。

買った時は焼け焦げていて全くわからなかったが、こいつは鱗人族だった。

短い尻尾と全身を覆う頑強なうろこ(・・・)を持つ鱗人族は種族として、とてつもなく強い。

力が強く、打たれ強く、斬撃に強く、火に強く、毒に強いが、寒さには弱い。

あと頭もちょっと……

水かけて風浴びせるだけで気化熱で動けなくなるから、戦争では魔術師にとってのボーナスキャラ扱いなんだが。

一般兵相手には無類の強さを誇る、まさに地獄の兵隊なのだ。

本人曰く火竜に焼かれて名誉除隊したあと実家に戻ってから記憶がないとの事だが、多分家族に売り飛ばされたんだろうな。

あの値段は本当にお値打ちだったね。



「う……ぐっ……」



そして俺は今、錬金術師に内臓を抜き取られたって話のチキンの治療を行っていた。

チキンの口には猿轡のようなものが厳重につけられている。

内臓を再生させるのはめちゃくちゃ痛いからな。

痛みで暴れて舌噛み切ったりすると、また治療項目が増えてしまうわけだ。

俺が睡眠魔法か鎮痛魔法を使えればよかったんだが……

まだ学校で習ってないんだ、悪いね。



探知魔法で痩せこけたチキンの体内を探索する。

魔臓、腎臓、肺、肝臓、胆嚢、膵臓、抜き取られた臓器はあまりに多い。

ギリギリ数週間生きていられるように調整した感じだ、施術した奴はかなり腕がいいな。

チキンの身体全体に活性化(バフ)をかけながら、消化器から再生させていく。

痛みにのたうち回るチキンだが、括り付けられた樫のベッドはびくともしない。

ケンタウルスのピクルスが心配そうに手を握り頭を撫でてやっているが、多分もう意識はないはずだ。

結局この日は、腎臓と肝臓を再生して終わった。

ひとまず飯を食わせて、肉をつけてから再チャレンジだ。

ほんと、壊すのは簡単だけど、治すのは大変なんだよな。





3週間後、そこには無事に完全復活し……

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析