ハーメルン
時を操る狐面の少女が鬼殺隊で柱を超えたそうですよ
嫉妬





「雫は柱を超える存在になると、私は思っている」

そう聞いた時、周りの音が消えたような錯覚を覚えた。
柱合会議で大事な話があると言われた時、何事かと心配していた。
だが話を聞いていれば先ほどから大竹雫という人間の名ばかりしか言わない。その人間がなぜお館様に会ったばかりのくせにここまで気に入られるのか納得がいかなかった。

柱の上に作られる位は魁と言ったが、その意味を聞いてもその人物とやらを見比べると納得ができなかった。

(…どうしてですか、お館様)



----



僕はある町で米屋をしていた。ある夜、戸を叩かれて何事かと開けた瞬間、動きの素早いものが見えた。自分が血だらけだと気づいたのは地面に倒れた時だった。

何がどうなっているのかわからず、恐怖に従いながら家の外に這い出るとその化け物も追ってくる音がした。
殺されると思った瞬間、道の先から刀を持った人が駆けつけてきてくれてその化け物を退治してくれた。だがそれを見た瞬間僕は気を失なってしまった。

意識を取り戻した時にはどこかの屋敷の中でベットに入りながら包帯で巻かれている状態だった。介護してくれる人に聞けば、親は亡くなっていたそうだ。

傷が深かったのだろう、何も動いていないのに痛くて、動けなくて、毎日泣いていた。そんな僕を支えてくれたのはお館様だった。

毎日優しい声で支えてくれた。
そこで鬼の存在と鬼殺隊のことを教えてもらい、救ってくれた恩を返すために一生忠誠を捧げようと鬼狩りになる決心をした。




しかし僕には才能がなかった。



育手の人にも精々中堅行ければいいだろうと言われるほどに。
しかし僕はただただ恩を返したい一心で血反吐を吐きながら鍛錬し、毎度のごとく任務では大怪我を負った。
死ぬ恐怖はなく、お館様の近くでお役に立ちたい一心で鍛錬を続け、五年後にしてようやく柱までに登りつめた。

だが、大竹雫。
この子はたった一ヶ月でここまできたとお館様は言っていた。信じられなかったが、会議の後の炎柱の手合わせでその技を見た時、腹に蹴りを入れられたような衝撃を覚えた。

天賦の才と言う存在を、現実を直接叩きつけられた気分だった。

大竹雫についての議題が多かった柱合会議の後、ニヶ月した頃に彼女を除いた柱が集められた。

「雫は柱の仕事に慣れてきているようだから、柱のみんなで順に手合わせ稽古を付けて貰えないかな」

お館様が一人の柱の為に他の柱を呼んで強くしてほしいというのは、それこそ期待の表れというものだった。

そしてそれから数ヶ月、どんどんと強くなっていく彼女を見ていて鬱憤が溜まっていたのか、目の前で風柱と手合わせし終えた大竹雫に向かって嫌味を言ってしまった。


「あなたが柱になることを容認したのも、お館様が見たこともないほどにあなたを強く進めたからです。それに柱を超えるなど、可能性の話であって決して勘違いしないように」


半分本気だが、半分は嘘だ。彼女の実力は分かっている。でも気持ちが追いつかない。

しかし彼女は不機嫌にもならず、まっすぐこちらを見てまだ未完成の技で認められてもらっては困ると言った。心も体も未熟だと。

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析