ハーメルン
時を操る狐面の少女が鬼殺隊で柱を超えたそうですよ
柱合裁判


深夜、月明かりが雲に隠れて一寸先は闇になっている山の中、雫は昼に鴉から受け取った鱗滝の手紙の内容を思い出していた。


【魁大竹雫殿

鬼になった妹を連れた竈門炭治郎という子が義勇と錆兎の案内で儂のところに弟子入りし、今回の最終選別を合格して鬼殺隊となった。

修業の約一年半、妹は人を食ってはおらず昏睡状態にあったが目覚めた後炭治郎とともに行動している。
儂が出会った時目の前にあった人肉にも食らいつかず我慢していた為、強靭な理性があると思われる。

魁として多忙なのは重々承知しているが、炭治郎が鬼の妹を連れた事実はいつか気づかれ、柱合裁判にかけられる事になるはずだ。

もし、炭治郎と会うことがあれば少しでいい、助けてやってほしい】


「…鱗滝さんがそこまで言うのなら、その妹さんは他の鬼とは何か違うということですね」

信じられない話ではあるが、元柱である鱗滝さんがそこまで言うのは説得力があったし、信頼出来る。


魁になって九年目を迎えたが、仕事内容は多忙を極め、柱達の実力が安定して来たのもあって魁稽古などの仕事が無くなった代わりに、単独で上弦の鬼と鬼舞辻の情報を求めて日本の端から端へと長期的な出張任務をする中、今回は四国地方を探索しているところだった。


そして今登っている山は十二鬼月がいるかもしれないとの情報が入った為、訪れた次第だった。

(もし十二鬼月だったら上弦の肆以来になりますね)

そう思っていると、鬼の気配が急に周りを囲むように現れた。まるでそこの空間から出て来たかのように。
 

(…!?…なにが!)


その瞬間、四方八方から気配が急接近してくるのを回避しながら《瞬き》で頸を斬ると、まるで上弦の肆を思い出させるかのように頸を再生させる鬼達の姿が月明かりで照らされるのが見える。


「へへへ、本当に見えない、感じない。でも、怖くない。お前を殺せばあの方から血を貰える!!」

「儂の獲物だ!儂が先に殺す!」

鬼達がそう言い放つのを聞き流しつつ、雫は上弦の肆以来になる臨戦態勢に入る。

目の前にいる鬼は四体、その全てが単純に頸を斬っても死なない鬼達だ。

(明らかに私を意識した血鬼術。わざわざ集めたのか?長期戦狙いか、情報を集めるためか…。あの方というのは鬼舞辻?)

しかし鬼達が様々な血鬼術を使って来た。

一体は瘴気のような物を操り、一体は炎を操り、一体は土を操り、一体は硫酸のような液体を操った。


「!!」


雫は狐面の中で目を見開いて驚いた。
頸を斬って死なない様な血鬼術を持った鬼を集めたのだと思っていたからだ。


(頸を斬って死なないのは、裏で別の血鬼術が働いている?)


瘴気を吸えば肺がやられ、そこに気を取られれば様々な方向から血鬼術が飛んでくるが、それを最小限の動きで躱しながら何度も頸を刎ねる。


(動きがなぜか鈍い、水の呼吸のみで対応できる強さで良かった。でもこのまま朝までやるのも時間をかけすぎですし)


そこで選択肢の中に《弐ノ段 流ノ雫》が有力になって来る。この技であれば再生する肉片自体が欠片も残らないからだ。

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析