ハーメルン
時を操る狐面の少女が鬼殺隊で柱を超えたそうですよ
雫の刻は動きだす【記憶の断片(序幕)】

月が雲に隠れ、闇が一層深くなる山の中、一人の隊士は必死に足を前へと進ませる。

目には涙を浮かべ、顔は恐怖に染まっており、隊服は血まみれになりながら走り続ける。


「はぁ…はぁ…柱、柱を!」






この山を登った時、自分含めて十人体制で入っていた。


『あの山に入った者は戻ってこない』


その噂が複数の街や村一帯に広がるほどの行方不明者の被害が二桁に達した頃に二度隊士を派遣するもいずれも行方がわからなくなった。

十二鬼月、もしくはそれに近い可能性を考慮し付近の街に滞在していた階級甲を二名、その他庚以上の隊士での合同任務となった。


山へと入って半刻過ぎた頃、山の雰囲気がガラリと変わった。
それはまるで水中にいる様に重たく、そこまで標高のない山のはずなのに相当な高山にいる時の様に呼吸が荒くなった。

それの原因はすぐに判明する。


「なんだ、この数は…」


誰かが呟いたその目の前には、それは山の斜面を覆い尽くすほどの()()()()()()()だった。



冷や汗が全身から吹き出すのを感じ、皆すぐ様抜刀したが、頸を斬っても死なず、圧倒的な数の前には手も足も出なかった。
辛うじて生き残った隊士は山の麓へと逃げ延びていた。


(那田蜘蛛山とは比べ物にならない被害が出るぞ!はやく!早く知らせなければ…!?)


その瞬間、目の前に一人の女の子が降り立った。


「タすケテヨ、オニィサん」


振り返ったその少女は感情のない顔で、目の全てが黒く、目を通して向こう側の闇が見えているような目と目が合った瞬間ふわりと右へ体が流れていく。


「…え?」



地面へとそのまま倒れる。何が起こったのか理解ができずにいたがその少女の横に新たに現れた子供が何かを手に持っているのが見えた。


「…あ、あぁ…」


それが自分の右足だと理解したのは、ぐちゃりと音を立てながら食べられた時だった。

その瞬間、夜の暗闇の中で影が自身を囲い込む。
もはや焦点を合わない目線だけで見上げると、先ほどの少女と同じく、闇に溶け込んだ目をむけながら純粋な笑顔で笑う子供達だった。

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析