ハーメルン
剣八の墓標
まっくらい


 彼女が()()を拒んできたら? 『ブン殴って言うこと聞かせた後に無理矢理治す』。目を覚まさせる! バカげた剣八の呪縛なんてもの、僕がこの手で断ち切ってやる。やるべき事は既に見定めたからだ!

 僕はまだ、弱い。精神的にも、肉体的にも。
 何を以て母さんを『救った』とするのかはまだ分からないし、今の自分にそれだけの力があるとは思えない。だが確実に言える事は——この使命を、更木剣八なんぞにくれてやるのだけは、それだけは絶対に許せないって事だ! 

 百年、千年経とうとも……成し遂げて見せるぞ。
 必ず——。

[9]前 [1]後書き 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:9/9

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析