ハーメルン
剣八の墓標
ドロップアウト



 明くる日。
 覚醒と睡眠のはざまを揺蕩う意識の中、仄かに香る薬の匂いに自分が起きた場所が四番隊舎の病室であることを思い出しながら、青年は珍しくも”あの日”の悪夢に苛まれない内に目を覚ました。

「う……ん」

 それが果たして自隊の副隊長から投げ掛けられた昨晩の言葉よるものであったのか、(さて)は——

「〜〜を……、」

「…………に……。 ──ッ!」

 ——本来ならば病室という場所までは及ばない筈の、四番隊員らによる奇妙な喧騒の声によるものだろうか?

 無用な心労を負傷者に与えぬ為、救護詰所は彼らの細心の注意によって静寂を保たれなければならない。昨晩の騒ぎは十一番隊の輔忌たちによる揉め事だったが、その対処へ早急に当たったのが”副隊長”と”三席”だということからも、患者に対する彼らの精神が特に表れていると云えるだろう。

「……?」

 早朝ともなれば尚更に、このような病室にまで届くほどの喧騒は普通ではないと言える。
 一抹の胡乱を感じ取った輔忌は身体を起こし、ふらふらと引き寄せられるように現場へと歩いていった。



 ◼️◼️◼️



「だからオメー、霊湯液の在庫は捌番薬棚のどっかだっつってんだろ! 秤布(はかりぬの)に染み込ませたやつを適当な大きさに切って持って来い!」

「どう……したんです? 随分と騒がしいようですが」

 ああ、何を眠てえ事を言ってやがる! この期に及んで呑気にほっつき歩いてんのはどこの馬鹿だ!?
 声のした方向を見もせずに、麒麟寺天示郎は苛つきを抑えようともせずに怒鳴りを上げた。

「オォ!? 手が空いてンならうろうろしてねーで……何だ、て前ェかよ」

「え、ええ」

 って、こいつは輔忌のボウズじゃねーか。こいつの声を四番隊のどいつかと間違えるなんざ、俺もいよいよ焦りが過ぎているのかもしれねえな。

 しかし——こいつは一体どうしたもんか。()()()だ、後先も考えずに話してやるってのはちと拙い気もするがな。
 無意識に指の爪を噛みながら、ほんの僅かの間だけ考える。

「隊長! 器具と薬品の準備が完了致しました!」

 くそ、悠長に構えてる時間はねぇな。
 ……仕方ねぇ。遅かれ早かれって奴だ。

「輔忌、今から発つぞ」

「え?」

「死覇装は向かいの部屋に何着かある。適当なのを着てこい。……さっさとしろ! 3秒以内に戻って来なかったら連れてってやんねーからな!」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/9

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析