ハーメルン
Vの者!~挨拶はこんばん山月!~
【打ち合わせ】炎上後の対応について

「準備できたか?」
「もちろん!」

 レオは夢美が身支度に時間がかかることも織り込んで余裕を持って彼女を起こした。
 レオの介抱と質の良い睡眠により、夢美の体調はかなり回復していた。
 シャワーを浴び、髪を乾かしパーマをかけ、カラーコンタクトを付けた夢美はすっかり他所行きモードだ。
 しかし、レオは夢美の顔を心配そうに覗き込んだ。

「……顔色まだ悪いな」
「えっ、メイクでごまかしたつもりだったんだけど」
「よく見ればわかるよ。まあ、そのくらいなら大丈夫だろうけど」

 レオもアイドル時代には、メイク担当に顔色をごまかすためのメイクをしてもらっていたことがある。それ故、顔色をメイクでごまかしていることを見破るくらいわけなかった。

「それじゃ、行くか」
「お、おう……」

 炎上後に諸星に会って打ち合わせを行う。その事実に夢美は気後れしていた。

「大丈夫だ。諸星さんはライバーのことをよく考えてくれている人だ。誠心誠意謝れば気持ちは伝わるさ」

 しっかりと戸締りを確認すると、レオと夢美はにじライブの事務所へと向かった。

「――さて、事情を説明していただけますね?」
「「(怖っ……)」」

 事務所について会議室に通された二人は、いつも以上に圧を放つ諸星に気圧されていた。
 そんな諸星の両脇には、目を泳がせる飯田、泣きすぎてメイクが崩れている四谷の二名がいた。

「あの、この度はご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございませんでした!」
「俺も勝手な真似をしてしまい申し訳ございませんでした!」

 そんな地獄のような光景の中、レオと夢美は深々と頭を下げた。

「それで?」
「ひっ」

 ギロリと睨まれたことで、夢美は小さな悲鳴を上げる。

「大丈夫だから」
「うん……」

 夢美にだけ聞こえるようにかけられたレオの言葉によって夢美は立ち直り、しっかりと諸星の目を見て事情を話した。

「今回の件はあたしが軽率にレオに電話をかけたことが原因です。いくら突然幼馴染設定を解消することに不満があったとはいえ、あのような配信上で行うべきやり取りではありませんでした。事務所のみなさんには今日まで支えていただいたのに、その信頼を裏切るようなことをしてしまい申し訳ございませんでした」

 誠意を込めた夢美の謝罪。それに対して諸星はこめかみに手を当てながら、ため息をついて言った。

「はぁ……今回の件はこちらの非も大きいです。四谷がやらかしを期待して日本酒を渡したこと、最初に勝手な設定を用意したこと、それらに関してはこちらの責任です。それにお二人は白雪さんと違って何がいけなかったかわかっているようですし、これ以上は言いません」

 名指しされたことで四谷はビクッと肩を震わせる。夢美の炎上後、四谷はこってりと諸星に絞られていた。

「とはいえ、茨木さんには今後、配信中の飲酒は控えていただきたいです。完璧なフォローができる人間がすぐ傍にいる状況ならば、その限りではありませんが」

 一瞬だけレオの方を見た諸星は、改めて議題を今後についてに移した。

「問題はこれからです。正直言って、配信のアーカイブさえ残しておけば自動的に炎上騒ぎも収まるでしょう」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析